中村俊輔とは違うもう1人のセルティック戦士 英紙が振り返る水野晃樹の才能

中村俊輔とは違うもう1人のセルティック戦士 英紙が振り返る水野晃樹の才能

セルティックでプレイした水野(右) photo/Getty Images

惜しまれるのはフィジカルの準備か

スコットランドの名門・セルティックで活躍した日本人選手といえば、MF中村俊輔だ。今でも中村はスコットランドで英雄として扱われるが、その高精度な左足から何度もサポーターを興奮させる魔法のキックを繰り出してきた。

ただ、セルティックでプレイした日本人選手は中村だけではない。中村がまだセルティックに所属していた2008年1月、将来が期待されていたアタッカーの水野晃樹が加入したのだ。2007年には日本代表デビューも果たしていたため、水野にとってはステップアップの移籍だった。

ところが、海外挑戦は甘くなかった。今回英『Daily Record』は「セルティックで忘れられている選手たちで組むイレブン」と題した特集を組んでいるのだが、その中に水野の名前も挙げられている。

水野はセルティックに2年半在籍したものの、出場試合数は12試合に留まった。サッカー人生を賭けたビッグチャレンジは、残念ながら成功とはならなかった。同メディアも水野の才能を認めているのだが、海外のスタイルに適応するのは簡単ではない。

「水野には明らかな才能があったが、スコットランドで戦うフィジカルの準備ができていなかった。12試合に出場して1得点を記録し、その後柏レイソルへと戻っている」

同メディアはこのように伝えているが、相模原SCでプレイする水野も34歳とベテランになった。若い頃の突破力は圧巻で、当時の日本人選手としては珍しいタイプのアタッカーだったと言えよう。

とはいえ、セルティックはチャンピオンズリーグにも出場する強豪だ。今のセルティックも十分に強いが、中村が所属していた当時も代表クラスの選手が揃っていた。海外挑戦第一弾のクラブとして選ぶにはレベルが高すぎたのかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「中村俊輔 + 移籍」のおすすめ記事

「中村俊輔 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「中村俊輔 + ジュビロ磐田」のおすすめ記事

「中村俊輔 + ジュビロ磐田」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「遠藤保仁」のニュース

次に読みたい関連記事「遠藤保仁」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 中村俊輔 ジュビロ磐田
  2. 中村俊輔 フリーキック
  3. 中村俊輔 年俸

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。