シャビとプジョルが入れない グアルディオラ“史上最強”イレブンに変化あり

シャビとプジョルが入れない グアルディオラ“史上最強”イレブンに変化あり

マンCのデ・ブライネ photo/Getty Images

バルサ黄金の中盤トリオを崩した者は

指揮官ジョゼップ・グアルディオラ史上最強のイレブンを選ぶならば、どのような顔ぶれとなるだろうか。

グアルディオラはバルセロナ、バイエルン、マンチェスター・シティで指揮官を務めてきたが、オーソドックスに考えるならば3冠も達成したバルセロナの選手を中心にベストイレブンが構築されることになるだろう。しかし、英『Daily Star』は少々異なる見解を示している。

同メディアの選んだ「グアルディオラ史上最強イレブン」からは、バルセロナの闘将DFカルレス・プジョル、MFシャビ・エルナンデスが外れているのだ。代わりに選んだのは、現在指揮するマンCからDFアイメリック・ラポルテ、MFケビン・デ・ブライネの2人だ。

GKはバイエルンからマヌエル・ノイアー、最終ラインはサイドバックに元バルセロナのダニエウ・アウベスと元バイエルンのフィリップ・ラーム、センターバックはバルセロナのジェラール・ピケ、そしてピケの相棒にラポルテだ。

守備力、リーダーシップならばプジョルも負けていないが、ラポルテには高精度の左足がある。同メディアはラポルテが現在のプレミアリーグでリヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクと唯一張り合えるセンターバックと考えているようで、評価はバイエルンのジェローム・ボアテングとプジョルを上回る。ピケの相棒には高精度な左足を持つラポルテがピッタリか。

中盤はアンカーにバルセロナのセルヒオ・ブスケッツ、その前に元バルセロナのアンドレス・イニエスタ、そしてデ・ブライネだ。シャビが入らないのは意外かもしれないが、デ・ブライネのアシスト能力はシャビやイニエスタをも上回るのではないか。現代最強MFと言っても問題ないはずで、バルセロナが誇った黄金の中盤に割って入るだけの実力がある。

そして前線はバルセロナのリオネル・メッシ、元バイエルンのアリエン・ロッベン、マンCのセルヒオ・アグエロと、3クラブから1人ずつ選ばれている。ここにもマンCのラヒーム・スターリングが割って入ってくる可能性があり、今回のイレブンを見ればマンCもスペシャルなチームに仕上がっていることが改めて分かってくる。

グアルディオラに残されたミッションはただ1つ、マンCでのチャンピオンズリーグ制覇だ。それさえ達成すれば、マンCもあの黄金期のバルセロナに負けない最強チームと数えられるようになるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. マンチェスター・シティ 監督

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。