堂安、マレン、イハッタレン 苦戦するPSVは“若手路線”が強すぎないか

堂安、マレン、イハッタレン 苦戦するPSVは“若手路線”が強すぎないか

今夏移籍した堂安も21歳 photo/Getty Images

アヤックスとは違いが

今夏に日本代表MF堂安律が加入したオランダのPSVが苦しんでいる。

リーグ戦では3位に位置しており、すでに首位アヤックスとは11点もの差がついてしまっている。しかもAZに0-4、ユトレヒトに0-3で敗れるなど、スコアがあまりにも悪すぎる。

先日はヨーロッパリーグでもスポルティング・リスボンに0-4の大敗を喫しており、全てが噛み合っていない印象だ。

オランダ『Voetbalzone』によると、現役時代にアヤックスでプレイしていた元オランダ代表のロナルド・デ・ブールは若手が多すぎるのではないかと疑問を呈している。

デ・ブールは「アヤックスは経験豊富な選手と若い選手をMIXさせることが重要だと気付いた」とコメントしているが、アヤックスではDFダレイ・ブリント(29)、FWドゥシャン・タディッチ(31)、クラース・ヤン・フンテラール(36)らベテラン勢も活躍している。

それに対して今のPSVは21歳の堂安を含め、FWドニエル・マレン(20)、FWコーディ・ガクポ(20)、MFモハメド・イハッタレン(17)など若手がチームの中心となっている。

0-4で敗れたスポルティング戦も、26歳以上の選手はGKラース・ウンナーシュタル(29)とDFニック・フィエルヘフェル(30)の2人のみ。チームを強烈なリーダーシップで引っ張る選手がいないことも大きな問題なのかもしれない。

堂安、FWブルーマ、DFティム・バウムガルトルら今夏の新戦力も抜群の働きを見せているとは言えず、若手に偏ったことを含めPSVは今夏の補強を誤ったのではないかとも言われてきている。

ライバル・アヤックスとの差をひっくり返すのは難しいように思えるが、名門PSVは後半戦から復活できるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。