ノイアー、デ・ヘアら超えのセーブ数 今季欧州主要リーグで躍動中のGKたち

ノイアー、デ・ヘアら超えのセーブ数 今季欧州主要リーグで躍動中のGKたち

数々のファインセーブでアーセナルを救っているレノ photo/Getty Images 

各リーグで最多セーブ数を叩き出しているのは

2019-2020シーズンの欧州主要リーグにおいても数多くのGKが活躍しているが、特に今季は中位や下位クラブに在籍中のGKの奮闘が光っている。そこで今回は今季のプレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガの各リーグにおいて最多セーブ数を叩き出しているGKたちを紹介したい。なお、本文中のスタッツはスポーツデータサイト『Sofa Score』のものである。



ベルント・レノ(アーセナル/27歳)

 

総セーブ数:69回


今季プレミア出場試合数:16


かねてよりシュートストップに定評があるマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘア(47回)や、マンチェスター・シティの守護神エデルソン(37回)を上回るセーブ数を今季のプレミアリーグで叩き出しているのは、昨季途中よりアーセナルの正GKを務めているベルント・レノ。相手アタッカーとの1対1の際に徐々に間合いを詰めてシュートコースを限定するプレイを得意としており、守備が崩壊気味のアーセナルを数々のファインセーブで救っている。

ノイアー、デ・ヘアら超えのセーブ数 今季欧州主要リーグで躍動中のGKたち

ウニオン・ベルリンに在籍中のギキエヴィッツ photo/Getty Images 

ラファル・ギキエヴィッツ(ウニオン・ベルリン/32歳)

総セーブ数:55回

今季ブンデス出場試合数:14

 
昨季末にシュツットガルトとの入れ替え戦を制し、クラブ史上初のブンデスリーガ昇格を果たしたウニオン・ベルリンのゴールを守っているのは、ポーランド人GKのラファル・ギキエヴィッツ。今季のブンデスリーガでバイエルン・ミュンヘンの守護神マヌエル・ノイアー(38回)を上回るセーブ数を叩き出しているほか、パンチング数もリーグ2位(6回)と、ハイボールの処理も安定している。


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。