[特集/欧州サムライ伝説 7]ミランの「10」をまとった日本人 本田圭佑が魅せたプロ意識

[特集/欧州サムライ伝説 7]ミランの「10」をまとった日本人 本田圭佑が魅せたプロ意識
       

日本人がミランの「10番」 その日は本当にやってきた

[特集/欧州サムライ伝説 7]ミランの「10」をまとった日本...の画像はこちら >>

2014年10月のキエーヴォ戦。本田は得意のFKを叩き込んだ photo/Getty Images

 フリット、サビチェビッチ、ボバン、ルイ・コスタ……。サッカーファンにとって、ミランの「10番」はいうまでもなく特別だ。その番号を唯一背負ったことがある日本人選手、それこそが本田圭佑である。

 本田圭佑のミラン挑戦を、失敗だったと言う人もいる。しかし考えてもみてほしい。幼い頃に学校の作文に書き記した「セリエAで10番になる」という夢を、本当に叶えてしまったのだ。しかもミランである。そんな途方もない夢をつかんだ人間が、果たしてどれだけいるというのだろう。本田の“成り上がり”は、スケールがケタ違いにでかい。

 ガンバ大阪のジュニアユースからユースへの昇格を見送られた本田は、星陵高校で名を上げ、名古屋グランパスエイトに加入した。その後、2008年にオランダに渡ってVVVフェンロで海外挑戦を始めると、2010年からはCSKAモスクワで活躍。チャンピオンズリーグにも出場し、日本代表MFの評判は世界で知られていった。

 本田がミランの一員になったのは2014年1月。ただ、イタリアで知られるようになったのは、その少し前に遡る。

 2012年冬、ラツィオが本田の獲得に迫っていることが明らかになった。最終的にCSKAの要求額が高く決定には至らなかったが、ラツィオが獲得に本腰を入れていたため、一気に注目度が上がった。これを機に、イタリアではたびたび本田の名前が報じられるようになる。

 2013年になると、本田のミラン加入が頻繁に伝えられるように。新天地があまりのビッグクラブということで、日本の反応は「またエア移籍か」と冷ややかだったことを覚えている。しかし当時、ミランの番記者に聞くと、確信を持って「決まっている」と答えられたものだ。

 そして2013年12月11日、当時ミランの代表取締役だったガッリアーニ氏が、本田のミラン加入を認めた。それも「背番号は10だ」と明かし、世間を驚かせている。


当時の記事を読む

本田圭佑のプロフィールを見る
theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「本田圭佑」に関する記事

「本田圭佑」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「本田圭佑」の記事

次に読みたい「本田圭佑」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 本田圭佑 Instagram
  2. 本田圭佑 SVホルン
  3. 本田圭佑 twitter

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。