U-18で“41戦38得点”の怪物 アーセナル期待の大物FWがついに登場

U-18で“41戦38得点”の怪物 アーセナル期待の大物FWがついに登場
       

U-18で“41戦38得点”の怪物 アーセナル期待の大物FWがついに登場の画像はこちら >>

アーセナルのバログン photo/Getty Images

トップチームの戦力になるか

今のアーセナルには魅力的な若手が多く揃っているが、また1人大物になりそうな若者が出てきた。26日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第4節のモルデ戦でトップチーム初得点を決めた19歳のFWフォラリン・バログンだ。

バログンはアカデミー時代からサポーターの間で有名だった選手で、アーセナルのFWピエール・エメリク・オバメヤンもバログンのポテンシャルを絶賛していた。今夏にはアーセナルを離れる可能性も指摘されていたが、ついにトップチームで一歩を踏み出すこととなった。

センターフォワードを本職とするバログン最大の魅力は、やはり得点力だ。U-18のカテゴリーでは通算41試合に出場して38得点8アシストと驚異的な成績を残しており、19歳ながらU-23のカテゴリーでも40試合で16得点6アシストを記録している。

英『90min』は特長の1つに左右両足を使いこなせる点を挙げており、バログンは逆足となる左でのシュートも精度が高い。同メディアはマンチェスター・ユナイテッドでブレイクし始めているFWメイソン・グリーンウッドと比較しているが、グリーンウッドも両足を巧みに使うアタッカーだ。アカデミーで大暴れしていた点も同じで、バログンがアーセナル版のグリーンウッドとなってくれれば言うことなしだろう。

アーセナルではU-21イングランド代表でもエースとして活躍する21歳のFWエディ・エンケティアがブレイクし始めており、エンケティアもアーセナルU-23のカテゴリーでは通算38試合出場28得点7アシストを記録するなど大爆発していた。すでにエンケティアはトップチームでも戦えることを証明しており、バログンもそれに続いてほしいところ。

まだトップチームで出番を増やしていくのは難しいだろうが、アーセナルはバログンの才能を活かしていけるのか。特大のポテンシャルを備えているのは間違いない。

当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月29日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。