[特集/激化するスクデット争い 01]堅守ベースで取りこぼし激減! 現実的となったミランの王座奪還

[特集/激化するスクデット争い 01]堅守ベースで取りこぼし激減! 現実的となったミランの王座奪還
 前回スクデットを獲得したのが2010-11シーズンで、その後はセリエAも含めて主要タイトルから遠ざかっているACミラン。低迷している間に一時代を築き上げたのがユヴェントスで、11-12シーズンから9連覇している。今シーズンも開幕前はユヴェントスが有利だと考えられたが、風雲急を告げる展開となっている。

 1月13日時点でミランが12勝4分1敗の勝点40で首位をキープし、2位インテルに勝点3差、3位ローマとは勝点6差となっている。シーズンはまだ折り返しを迎えていないが、その安定した戦いぶりを考えるとミランの好調は決して一過性のものではない。就任2年目を迎えたステファノ・ピオリ監督のもと、各選手が献身的な動きをみせ、とてもよく鍛えられたチームに仕上がっているのだ。

強固なセンターラインを軸に第15節まで無敗を続ける

[特集/激化するスクデット争い 01]堅守ベースで取りこぼし...の画像はこちら >>

ミランの若手は逞しく成長している。イブラがいなくても強かった photo/Getty Images

 基本フォーメーションは[4-2-3-1]で、最終ラインから前線までセンターラインに強固な選手が配置されている。GKジャンルイジ・ドンナルンマがゴールを死守し、2人のCBアレッシオ・ロマニョーリとシモン・ケアーがその前方で厚く、高い壁となり、強くボールを弾き返す。さらに、中盤ではフランク・ケシエとサンドロ・トナーリが潰し役、ボールを刈り取る役割を務める。今季加入したトナーリは憧れの選手としてジェンナーロ・ガットゥーゾの名前をあげており、これだけでどんなタイプか理解できる。

 この両名の前方に守備から攻撃への切り替えが早いハカン・チャルハノールがポジションを取り、さらに前線には説明不要のズラタン・イブラヒモビッチがいる。この強固で安定感あるセンターラインを軸に、左サイドではテオ・エルナンデスが自慢のスピードをみせつけ、ラファエル・レオンやアンテ・レビッチとの連携でチャンスを作り出す。

 右サイドではやはりネガティブトランジションが早いアレクシス・サレマーカーズがどんどん評価を高めていて、ピオリ監督が志向する組織的な守備からの鋭くて速いカウンターを仕掛けるサッカーの完成度を高めている。ちなみに、ドンナルンマ、レオン、サレマーカーズは21歳で、トナーリは20歳という若さだ。39歳のイブラヒモビッチを前線に配置し、その後方で若い選手たちが献身的な守備でボールを奪い、素早く縦に運ぶサッカーで序盤戦から勝点を積み上げてきたのだ。

 最大の危機もすでに脱している。第8節ナポリ戦でイブラヒモビッチが左足ハムストリングを痛め、第9節から欠場となった。大黒柱の戦線離脱で勢いが失われるのではないかと懸念されたが、レオンが1トップを務め、レオンがいたポジションにはレビッチが入り、チーム力低下を最小限にとどめた。その後、サレマーカーズも負傷したが、サム・カスティジェホ、ブラヒム・ディアスなどがカバーし、イブラヒモビッチがいないなか、他にもケガ人が出るなか、堅守を主体に第15節まで無敗で戦い続けた。


当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。