メッシ、スアレスの放出、グリーズマンへの大金投下 バルサに多すぎた“失敗”

メッシ、スアレスの放出、グリーズマンへの大金投下 バルサに多すぎた“失敗”
拡大する(全2枚)

メッシ、スアレスの放出、グリーズマンへの大金投下 バルサに多...の画像はこちら >>

バルサ指揮官を解任されたクーマン photo/Getty Images

今季は一気に転落

2014-15シーズンには3冠も達成したが、バルセロナはなぜここまで転落してしまったのか。

ロナルド・クーマン解任に合わせて英『FourFourTwo』もいくつか問題点を振り返っているが、まずはクラブの哲学が失われてきたことだろう。

ジョゼップ・グアルディオラの下でパーフェクトなフットボールを完成させたものの、指揮官が代わるごとにペップ流のカラーは薄くなっていった。

もちろん指揮官が独自色を打ち出すことも悪くはないが、同メディアはいずれも故ヨハン・クライフ氏やペップが築いたフットボールには敵わなかったと指摘。次の指揮官はバルサの哲学を取り戻すことを重視すべきだろう。クラブの答えがシャビ・エルナンデスなら、哲学は戻ってくるはずだ。

そして2つ目に挙げられるのが、悉く失敗した補強戦略だ。

メッシ、スアレスの放出、グリーズマンへの大金投下 バルサに多すぎた“失敗”

グリーズマン獲得も成功せず photo/Getty Images

復活には多少の時間がかかるか

近年のバルセロナは補強に大金を投じるケースが目立ち、MFフィリペ・コウチーニョ、FWウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマンには1億ユーロ以上の資金を投じている。

しかし、いずれも失敗。グリーズマンはすでにクラブを去っており、再びアトレティコ・マドリードのライバルになってしまった。

FWルーク・デ・ヨング、マルティン・ブライスバイトなど、サポーターが困惑する補強もあった。これだけ失敗が続けば、結果が出ないのも仕方がない。

放出の方ではリオネル・メッシと苦い形で別れてしまい、ルイス・スアレスもアトレティコにあっさりと手放してしまった。しかも昨季はそのアトレティコにリーガのタイトルを奪われており、この放出劇も明らかな失敗だ。

シャビを招聘するとしても、クラブの補強戦略を見直さなければ結果は出ないだろう。チームの哲学に合う選手を獲得しなければならない。

同メディアは最後に「苦労する覚悟を持つこと」と辛口なアドバイスもしているが、今後数年は苦しいシーズンが続くかもしれない。時間をかけたチーム強化プランが必要で、長期的な視点からバルセロナらしいチームを作り上げてほしいところだ。

この記事の画像

「メッシ、スアレスの放出、グリーズマンへの大金投下 バルサに多すぎた“失敗”」の画像1 「メッシ、スアレスの放出、グリーズマンへの大金投下 バルサに多すぎた“失敗”」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク