ライス、マディソン、ミンジェ加わればプレミア優勝候補へ? 大...の画像はこちら >>

今季はニューカッスルが大躍進 photo/Getty Images

来季はプレミア優勝を狙ってもいい?

消化試合数に差はあるものの、現在32試合を消化してプレミアリーグ3位につけているニューカッスル。まだ最終順位が決まったわけではないが、今季は大成功のシーズンと言っていいだろう。



気になるのは、今夏の戦力アップだ。

ニューカッスルは2021年にサウジアラビアの政府系ファンド『PIF』による買収が決まったことでも注目を集めたクラブで、超大型補強が起こると言われてきた。今季このままチャンピオンズリーグ出場権を手にするとなれば、クラブは来季へ向けて主軸の補強へ乗り出すだろう。

英『Daily Mirror』によると、現時点でターゲットに挙がっているのはウェストハムMFデクラン・ライス、レスター・シティMFジェイムズ・マディソン、ブライトンMFモイセス・カイセド、マンチェスター・シティMFカルヴィン・フィリップス、チェルシーMFコナー・ギャラガー、アーセナルDFキーラン・ティアニー、そしてナポリで急激に評価を上げた韓国代表DFキム・ミンジェといった面々だ。

これを受けて英『GIVE ME SPORT』が早くも来季のニューカッスル予想布陣を紹介しているが、既存戦力と合わせて楽しみなイレブンが完成する。

GK:ニック・ポープ

DF:(右から)キーラン・トリッピアー、キム・ミンジェ、スフェン・ボットマン、キーラン・ティアニー

MF:デクラン・ライス、ブルーノ・ギマランイス、ジェイムズ・マディソン

FWジョエリントン、アラン・サン・マクシマン、アレクサンデル・イサク

ジョエリントンも中盤で活躍しており、この通りの布陣になるかは分からない。
これは単純な[4-3-3]に当てはめただけだが、それでも楽しみな11人ではある。

ニューカッスルはスーパースターばかりを集めるのではなく、チームに合ったタレント獲得へ動いている。この予想イレブンもスーパースター集団というわけではないが、なかなかバランスの取れた11人に見える。

来季は思い切ってプレミア制覇を目標に掲げてもいいはずで、資金力だけに頼らぬニューカッスルが夏にどうチームを強化してくるのか楽しみだ。