ニューカッスルだけじゃない!? ACミラン&ユナイテッドもエ...の画像はこちら >>

今夏の去就が注目される photo/Getty Images

争奪戦の可能性も

エヴァートンに所属するFWドミニク・カルヴァート・ルーウィン(27)を巡って、今夏争奪戦が繰り広げられるかもしれない。

英『The Telegraph』は以前、ニューカッスルがカルヴァート・ルーウィンの獲得に動いており、選手自身もニューカッスルへの移籍に前向きだということを報じていた。

しかし、エヴァートンのストライカーに興味を持っているクラブは他にもいるようだ。

英『Daily Mail』によると、ACミランとマンチェスター・ユナイテッドもカルヴァート・ルーウィンの獲得に興味を持っているという。ミランは今シーズン公式戦47試合に出場し17ゴール9アシストを記録したベテランのオリヴィエ・ジルー(37)の退団が決まっており、後任となるストライカーを探している。ジルーの新天地はMLSのロサンゼルスFCになることが濃厚だと考えられている。

またユナイテッドもストライカーを探しているクラブだ。加入1年目ながらも公式戦43試合に出場し、16ゴール2アシストを記録したラスムス・ホイルンド(21)がチームにはいるが、バックアッパーとなる存在がいない。
ホイルンドに怪我などのアクシデントが発生した時や過密日程を考えると、あと1人は欲しいところで、ボローニャのFWジョシュア・ザークツィー(23)にも接触していると考えられているが、カルヴァート・ルーウィンも候補の1人だという。

同メディアによると、ニューカッスルはすでに交渉を開始しており、エヴァートンは移籍金として3500万ポンド(約70億円)を要求しているとのこと。

エヴァートンは財政難の関係で主力選手の売却を行わなければならない状況となっており、現行契約では来夏にはフリーで移籍する可能性のあるカルヴァート・ルーウィンを今夏に売却することが濃厚だと考えられている。ミランやユナイテッドも興味を示すエヴァートンのストライカーを巡って争奪戦が繰り広げられるのか。