世間の貯蓄はどのくらい? 年代別貯蓄と負債の実態を最新版・家計調査でみてみる

世間の貯蓄はどのくらい? 年代別貯蓄と負債の実態を最新版・家計調査でみてみる

「みんなの貯蓄額はどのくらい?」と疑問に思っていても、お金のことは親しい友人にも聞きにくいもの。そこで、今回は年代別のリアルなお金事情をご紹介しましょう。この記事では総務省統計局が2019年5月17日に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)( https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/index.html )」をもとに解説します。



■1世帯当たり貯蓄現在高の平均値は1752万円だが…



上述の調査によると、2人以上世帯における1世帯当たりの貯蓄現在高と負債現在高の平均値は下記のようになりました。



世間の貯蓄はどのくらい? 年代別貯蓄と負債の実態を最新版・家計調査でみてみる

拡大する



出所:総務省統計局 家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)



貯蓄現在高の平均値は1752万円と高額ですが、実は約3分の2(67.7%)の世帯で平均値を下回っているのです。



平均値は一部の高い数字に引きずられやすいため、データを大きい順に並べたときに真ん中にくる中央値のほうが実態に即しているかもしれませんが、その中央値も1036万円と、1000万円を超えている事実におどろく人も少なくないでしょう(貯蓄「0」世帯を含めた中央値は978万円)。



貯蓄現在高における階級別の世帯分布を示したのが下記のグラフです。100万円未満と4000万円以上の階級が共に11%以上を占めており、二極化が進んでいる状況がうかがえます。なお、中央値1036万円を含む階層を赤色で示しました。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。