難関中学受験の記述問題からみる、合格最低点を「超える子」「超えない子」の違い

難関中学受験の記述問題からみる、合格最低点を「超える子」「超えない子」の違い
       

年々加熱する中学受験。しかし、どうやって対策したらいいのかわからない。特に国語は、親としても教え方がわからないし、過去問の解答を読んでもそれ以上のことはなにもいえない。何か、学力を伸ばすための方針はないのでしょうか? そんな悩みを解決するためのメソッドを解説します。



■難関中学入試の国語記述で合格最低点を「超える子」と「超えない子」の違い



難関校、とりわけ御三家(開成・麻布・武蔵、桜蔭・雙葉・女子学院)と呼ばれるような私立中学の入試においては、高い記述力が不可欠です。何しろ、そういった学校では、算数・理科・社会においても記述で答える設問が多々あるわけですから。



そうはいっても、やはり記述の王道は国語です。まず国語において記述力を向上させておくことが、他教科の得点アップにもつながります。ただ、記述は絶対得意、誰にも負けない――などと断言できる小学生は、ほとんど存在しません。進学塾の模試において、算数では満点が出ますが、記述を含む国語で満点が出ることはほとんどないのです。



ですから、まずは安心してください。満点を目指す必要はないということです。



保護者の方は、たとえば10点満点の設問でわが子が3点を取ってくると、「あと7点取らなきゃ!」と思いがち。しかし、それは不可能な話です。たいていの記述では、7割も取れれば十分。「あと7点」ではなく、「あと4点」なのです。



要するに、「目指すべきは満点ではなく合格最低点である」ということです。そういうと、こんな声が聞こえてきそうです。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。