退職金4000万円上乗せはトクなのか? 早期退職のメリット・デメリットを徹底解説!

退職金4000万円上乗せはトクなのか? 早期退職のメリット・デメリットを徹底解説!
拡大する(全2枚)

2021年5月17日、ダイヤモンドオンラインが「パナソニック『退職金4000万円上乗せ』で50歳標的の壮絶リストラ【スクープ】」と題した記事を報じました。また、住宅設備大手のLIXILや、カシオ計算機、オリンパスも早期退職者を募集しており、業界を問わず早期退職者を募っているような状況です。



いずれの企業も、通常の退職金とは別に「特別退職金」を出すとして早期退職者を募集しているため、窓際に追いやられているようなベテラン社員にとっては転職のチャンスになるかもしれません。



しかし、特別な手当がもらえるからといって、早期退職をすることが本当に賢い選択なのでしょうか? もしあなたが40代~50代のサラリーマンであれば、定年まで勤め上げるのが得なのか? それとも早期退職をして第二の人生を歩むのが得なのか? お悩みの方も多いと思います。



そこで今回は、早期退職のメリットとデメリットについて詳しく解説します。この記事をご覧いただければ、早期退職が本当にお得なのか、また、早期退職をすべきでない人の特徴も分かるようになります。ぜひ最後までご覧ください。



■70歳までの定年延長が、働かないおじさん社員を殺す



まずは、早期退職者に対して4000万円の割増金を支払うと報じられたパナソニックの例を見ていきましょう。パナソニックの早期退職制度の中身は、社内的には「特別キャリアデザインプログラム」と言うようで、社員の転職をバックアップするという内容になっています。


この記事の画像

「退職金4000万円上乗せはトクなのか? 早期退職のメリット・デメリットを徹底解説!」の画像1 「退職金4000万円上乗せはトクなのか? 早期退職のメリット・デメリットを徹底解説!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「パナソニック」に関する記事

「パナソニック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「パナソニック」の記事

次に読みたい「パナソニック」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク