円安で輸出株上昇、内需株低迷の二極化相場続く!?日本のコロナ抑え込み評価に期待!

円安で輸出株上昇、内需株低迷の二極化相場続く!?日本のコロナ抑え込み評価に期待!
拡大する(全1枚)

 投資デビューに必要な株式市場の見方をお伝えする「トレンドマーケットスクールTOKYO」。今週11月22日(月)から26日(金)の日本株は日経平均株価3万円の壁に再度挑戦したいところです。


円安でトヨタが上場来高値更新も輸入価格高騰で内需株不振!

 先週の日経平均株価は16日(火)の高値2万9,960円、18日(木)の安値2万9,402円を行ったり来たりする横ばい相場でした。


 日本株の下支え役となったのは、円安と岸田政権の経済対策です。


 17日(水)には1ドル115円台目前まで円安が進んだことで、輸出で潤う自動車、精密機器、電気機器関連株が上昇しました。 トヨタ自動車(7203) が上場来高値を更新し、相場のけん引役になりました。


 18日(木)には、岸田政権の経済政策が当初予定の40兆円から55.7兆円に膨らむとの報道で、株価が急速に値を戻しました。


 米国市場では アマゾン・ドット・コム(AMZN) が週間で5%弱上昇するなど、ITや半導体関連株が好調でした。


 16日(火)に発表された10月の米国小売売上高は予想を大きく上回る前月比1.7%増。前年同月比で6%台という、約31年ぶりの物価高が続く中でも、米国の個人消費はきわめて旺盛です。


 18日(木)にはバイデン政権が石油価格安定のため、世界各国に石油備蓄の放出を要請したことで原油価格が急落。ハイテク株には追い風でしたが、逆に資源株の組み入れ比率の高いNYダウは軟調に推移しました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク