大きく動き出した「令和の貨物新幹線」どんな姿に?「昭和の貨物新幹線」と違う形

大きく動き出した「令和の貨物新幹線」どんな姿に?「昭和の貨物新幹線」と違う形

新幹線を利用した貨物輸送がいま、コロナ禍を受け大きく動き出しています。JR貨物も経営構想に盛り込みました。過去に東海道新幹線で貨物新幹線構想がありましたが、旅客用に完成している設備で実現するには、課題が考えられます。

大きく動き出した新幹線での貨物輸送

 JR貨物が2021年1月8日(金)に発表した「JR貨物グループ長期ビジョン2030」へ「貨物新幹線の検討を推進」と盛り込むなど、新幹線をとりまく貨物輸送の機運が高まっています。

 2020年12月30日(水)には産経新聞が、JR東日本が「1編成のうち1両の座席を全て取り外し輸送用に特化した車両への改造を検討」「輸送用パレットをそのまま車内に搬入できるように扉の幅を広くとった貨物専用車両の設計も開始」と報道。

大きく動き出した「令和の貨物新幹線」どんな姿に?「昭和の...の画像はこちら >>

東北新幹線で行われた鮮魚輸送実証実験の様子(2019年6月11日、草町義和撮影)。

 コロナ禍以前から新幹線を活用した物流サービスの拡充が考えられ、長らく行われてきた東京~仙台・新潟間での小型荷物輸送(新幹線レールゴー・サービス)のほかに、車内の空きスペースを活用するといった比較的小規模な輸送が展開されてきましたが、コロナ禍による旅客需要減少を受け、いっそう動き出した感があります。

 JR東日本が現在行っている、仙台~東京間の新幹線を使った鮮魚などの輸送は1列車でダンボールおよそ40箱まで運べるそうですが、これがより大規模な輸送になってくると、課題も大きくなりそうです。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。