何もないと言われ続けて…逆襲の「岐阜羽島駅」 密回避で注目される新幹線駅の地元

何もないと言われ続けて…逆襲の「岐阜羽島駅」 密回避で注目される新幹線駅の地元
拡大する(全2枚)

東海道新幹線で岐阜県唯一の駅、岐阜羽島駅付近のある地点で地価が初めて上昇に転じました。コロナ禍でテレワークが増えるなか、たまの出社に新幹線を利用できる点は、地元にとって大きな「武器」になりつつあります。

コロナ禍で注目? 岐阜羽島駅

 新幹線の駅なのに周囲に何もない……長年、このように言われることがあった東海道新幹線で名古屋駅の隣に位置する岐阜羽島駅がいま、注目されているようです。

 2021年3月24日、地元紙の岐阜新聞webが「岐阜羽島駅前で地価上昇」と報じました。同月に国土交通省が発表した公示地価において、駅徒歩5分圏内の「羽島市舟橋町宮北8の20」で初めて、プラス0.5%の上昇を記録。記事は岐阜県地価公示幹事会の話を交え、テレワークなどの普及と「3密」回避の動きのなかで、混雑する在来線を避けて名古屋駅まで新幹線を利用するという「密を避ける志向が公示地価に鮮明に現れた」としています。

何もないと言われ続けて…逆襲の「岐阜羽島駅」 密回避で注目...の画像はこちら >>

岐阜羽島駅(画像:写真AC)。

 岐阜羽島駅は1964(昭和39)年、東海道新幹線の開業と同時に開設されましたが、当時、周囲は一面の田んぼであり、今に至るまで「何もない」といわれ続けてきました。また駅前に政治家・大野伴睦の銅像が建つこともあり、「政治駅」の代表のように扱われてきましたが、実際には、関ケ原区間(岐阜羽島~米原)の降雪に備える運行上の必要性もあって駅が設けられたものです。現在は「ひかり」「こだま」合わせ、おおよそ1時間に上下2本ずつが停車します。


この記事の画像

「何もないと言われ続けて…逆襲の「岐阜羽島駅」 密回避で注目される新幹線駅の地元」の画像1 「何もないと言われ続けて…逆襲の「岐阜羽島駅」 密回避で注目される新幹線駅の地元」の画像2

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。