電車のきっぷをQRコード化 そのメリットは

北九州モノレールが、裏面が黒い「磁気券」のきっぷを廃止し、新たにQRコードを使った「QR券」を導入します。航空券ではQRコードの導入は一般的ですが、鉄道でのQRコード導入には、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

きっぷの裏が黒い理由

 自動改札を使う日本の鉄道では現在、裏が主に黒色になった「磁気券」をきっぷに用いるのが一般的です。黒色の面にはきっぷの有効区間といった情報が磁気で記録されており、それを自動改札機などで読み取ることで、処理を行うシステムです。

 そうしたなか北九州モノレール(北九州高速鉄道)は2015年6月24日(水)、従来の磁気券を廃止し、代わってQRコードを使った「QR券」を今年10月1日から新たに導入することを明らかにしました。

 スマホでの情報読み取りや、飛行機へ搭乗する際に多く用いられている「QRコード」を券面に印刷したきっぷで、乗車にあたりまずそのQRコードを自動改札に読み取らせ、ホームへ向かいます。そして目的地の駅できっぷを回収口へ投入し、改札の外へ出る仕組みです。

QRコードをきっぷに使う4つの理由

 QRコードをきっぷに使うことに、どんなメリットがあるのでしょうか。北九州モノレールによると、以下の4点が導入理由といいます。

・ICカードと同じく、乗車券を改札機にタッチするだけなのでスムーズな通行が可能。
・磁気改札機で発生していた「券づまり・きっぷの取り忘れ・きっぷの取り間違い」などがない。
・改札機に搬送部がないことで、磁気券に比べて機器のメンテナンス代が軽減できる。
・きっぷの裏面に磁気加工をしないため、リサイクルがしやすくなる。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク