バスの車体側面に「自家用」の文字、その意味は? 意外と広い「自家用」の用途

バスの車体側面に「自家用」の文字が表記されていることがあります。そのような車両は「自家用」とはいえ、個人が自家使用する車両だけに入っているわけではありません。

「自家用」の表記は法律で決まっている

 バスやトラックなどは一般的に、いわゆる緑ナンバーが付いていれば事業用、白ナンバーが付いていれば自家用ですが、これとは別に、車体の側面に「自家用」と文字で表記されていることがあります。

バスの車体側面に「自家用」の文字、その意味は? 意外と広い「自家用」の用途

公立の福祉施設のバス側面に書かれた「自家用」表記。白ナンバーの車両(乗りものニュース編集部撮影)。

 関東運輸局によると、バス(乗車人員11人以上の自動車)においては、車体に「自家用」と表記することが道路運送法で規定されているといいます。「たとえば貸切バスであれば『貸切』、特定の顧客の需要に応じて運行する『特定旅客自動車運送事業』に該当するバスであれば『特定』といったように、車両の用途を車体に表記すること、とされています。その条文中に、自家用バスは『自家用』と表記すべきことが明記されているのです」とのこと。

「自家用のバス」は、個人が本当の意味で自家使用するものだけではありません。「たとえば幼稚園のバスなどが当てはまります。車体に『自家用』と表記するのは、不特定多数のお客さんを乗せる一般的なバスとの混同を避けるため、というのが法令の趣旨です」と関東運輸局は話します。

「自家用」車両による路線バスも

 他人の需要に応じ、有償で自動車を使用して旅客を運送する事業は、基本的に国から許認可を得て、緑の事業用ナンバーを取得した車両で行う必要がありますが、一部、例外的に白ナンバーの車両で認められるケースも存在します。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年3月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。