東京~大阪のんびり9時間 まもなく廃止のJRバス「中央道昼特急」に乗車 車窓がイイ!

東京~大阪間を中央道経由で結ぶJRバス「中央道昼特急」がまもなく廃止。同じ「昼特急」シリーズでは、東名高速を経由する「東海道昼特急」が主流ですが、中央道経由も人気です。それが今回なぜ廃止されるのでしょうか。

乗り通せば所要9時間42分

 およそ500kmある東京~大阪間を結ぶ高速バスは、その多くが夜行ですが、昼間に走る昼行便も運行されています。ジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスが共同運行する「昼特急」シリーズは、その代表的な存在といえるかもしれません。どの便も8時間以上かけて、東京駅大阪駅(一部は新宿駅、湊町バスターミナルも停車)を結びます。

東京~大阪のんびり9時間 まもなく廃止のJRバス「中央道昼特急」に乗車 車窓がイイ!

「中央道昼特急」に使われるジェイアールバス関東の2階建て車両。三菱ふそう「エアロキング」(2019年4月、宮武和多哉撮影)。

「昼特急」は2019年4月現在で9往復あり、そのほとんどが東名高速を経由するものです。1往復のみ存在する中央道経由の「中央道昼特急」は、2019年5月17日(金)のダイヤ改正で廃止されます。この「中央道昼特急」に2019年4月10日(水)、東京駅から乗ってみました。

 今回乗車したのは、東京駅を12時10分に発車する「中央道昼特急13号」。車両はジェイアールバス関東所属の2階建てバス(三菱ふそう「エアロキング」)です。

 東京駅八重洲南口を出発したバスは、まず新宿駅(バスタ新宿)を経由したのち、首都高から中央道へと走っていきます。新宿駅~大阪駅間の所要時間は8時間39分、東京駅~湊町バスターミナル間を全て乗りとおした場合は9時間42分という長旅です。東京、神奈川、山梨、長野、岐阜、愛知、滋賀、京都、大阪の9都府県、15の停留所(起終点含む)を経由し、途中で3回の休憩を挟みます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。