マツダが新型教習車発売 なぜアクセラからデミオに変更した?

記事まとめ

  • マツダが5月27日に新型の教習専売車「マツダ教習車」を発売する。
  • 既存の「アクセラ教習車」は国内トップシェアを誇っていたが、新型はデミオがベースになる。
  • なぜ一回り小さい5ナンバーサイズの車に変えるのか。

No.1教習車、車種変更のナゼ 「アクセラ」から「デミオ」へ、5ナンバー化の狙い

マツダが新型の教習専用車「マツダ教習車」を発売。国内未発売モデルをベースにした車種で、既存の「アクセラ教習車」よりも一回り小さい5ナンバーサイズになります。国内で大きなシェアを誇っていた「アクセラ」、それをなぜ変えるのでしょうか。

一時期はシェア4割を占めた「アクセラ教習車」

 マツダが2019年5月27日(月)に、新型の教習専売車、その名も「マツダ教習車」を発売します。

No.1教習車、車種変更のナゼ 「アクセラ」から「デミオ」へ、5ナンバー化の狙い

「マツダ教習車」。海外で販売されている「マツダ2」(日本名「デミオ」)のセダンがベース(画像:マツダ)。

「マツダ教習車」は「マツダ2セダン」がベース。「マツダ2」は日本名「デミオ」のことですが、そのセダンタイプは日本国内で発売されていません。「マツダ教習車」も、タイの工場で生産されたものを輸入のうえ、日本のマツダ子会社で教習車として仕立てられ供給されます。

 マツダはこれまで約15年にわたり、「アクセラ」のセダンをベースにした「アクセラ教習車」を販売。2014年には生産累計1万台を達成し、このころには教習車市場で約4割のシェアを占めるなど、国内トップを誇っていました。それをなぜ、日本未発売の車種を輸入してまで変えるのか、同社に聞きました。

――なぜベース車種を変えるのでしょうか?

 当社では「アクセラ」をまもなくモデルチェンジします(編集部注:同時に日本名も、グローバルネームである「マツダ3」に変更する見込み)。教習車としても、ベース車種の発売から5年以上が経過し、「そろそろ新型の開発を」と考えていた際に、そのままの車種で投入するのが正しいのか、ということになりました。そこで、より取り回しがしやすく、かつ教習車の要件に適合することを考慮した結果、「マツダ2セダン」をベースに教習車を開発するのが最良と判断しました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。