「東八道路」計画から73年、ついに甲州街道と接続 残る未開通区間が開通すると?

東京の三鷹市と府中市を結ぶ「東八道路」の東側と、国道20号「甲州街道」をつなぐ区間が、計画決定から73年を経て開通しました。東八道路は本来、東京と八王子を結ぶ道路の一部ですが、今後、どのように整備されるのでしょうか。

戦後まもなく計画された区間が開通

 東京の「東八道路」と国道20号「甲州街道」が、都市計画決定から73年を経て2019年6月8日(土)、ついにつながりました。

「東八道路」計画から73年、ついに甲州街道と接続 残る未開通区間が開通すると?

東八道路から甲州街道につながる延伸部の概要(画像:東京都)。

「東八道路」は、三鷹市と府中市を東西に結ぶ都道14号線のことです。甲州街道の北側に並行する路線で、東京都建設局によると、将来的に東京と八王子を結ぶ道路の一部になるそうですが、現状ではそのようにはなっていません。

 この東八道路の東側は、長らく延伸のための工事が行われていましたが、前述のように三鷹市から杉並区の甲州街道までをつなぐ約3.6kmが4車線で開通しました。東京都建設局は今回の開通によって、「東京の東西方向の大動脈が形成され、並行する甲州街道の交通渋滞が緩和されるとともに、周辺地域の生活道路へ流入する通過交通が減少するなど、安全性の向上が期待されます」としています。将来的にはやはり、八王子までつながるのでしょうか。同局に聞きました。

――「東八道路」は、具体的にはどのような計画の道路なのでしょうか?

 都道としての東八道路の区間は、三鷹市牟礼(むれ)と国立市谷保(やほ)の国道20号交点に至る14.4kmの区間です(今回開通した区間のうち、杉並区内から三鷹市牟礼までの区間は「放射5号線」という)。西側の府中市西原町から国立市谷保までの1.3km区間は現在建設中で、開通すれば国道20号のバイパスとしての機能が強化されます。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年6月19日の経済記事
「「東八道路」計画から73年、ついに甲州街道と接続 残る未開通区間が開通すると?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    まっすぐ下本宿通りをトレースすべきなのに、パヨ住民がごねたから玉川上水へ迂回という全く食えない道路になった。杉並もパヨがいっぱいいて邪魔ばかりする使えないエリアだ()

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら