京急ミュージアム開館 デハ230形に直筆サインヘッドマーク取り付け

記事まとめ

  • 「京急ミュージアム」オープンで記念式典が行われた。
  • 京急電鉄社長、専務、中川家の礼二らが出席。
  • 展示のデハ230形に3人の直筆サインヘッドマークが取り付けられた。

「京急ミュージアム」が開館 デハ230形に直筆サインHM けいきゅんらと「出発進行」

「京急ミュージアム」が京急グループ本社ビル内にオープンしました。館内はデハ230形電車、新1000形電車運転シミュレーター、鉄道模型ジオラマなどを設置。開館初日はお笑いコンビ「中川家」の礼二さんらが出席して記念式典が開かれました。

シミュレーターもジオラマ運転台も本物を活用

 京急グループの鉄道やバスなどを紹介する企業ミュージアム「京急ミュージアム」が、2020年1月21日(火)、京急グループ本社(横浜市西区)のビル内にオープンしました。ミュージアムのテーマは「『本物』を見て、触れて、楽しむ」。運転シミュレーターや鉄道模型ジオラマ、「プラレール」の制作など、体験コンテンツが盛りだくさんです。

「京急ミュージアム」が開館 デハ230形に直筆サインHM けいきゅんらと「出発進行」

開業記念式典の様子。左から京急横浜駅の高浜惣一駅長、「中川家」礼二さん、京急電鉄の原田一之社長、道平 隆専務(2020年1月21日、大藤碩哉撮影)。

 ミュージアムには、修復された真っ赤な車体のデハ230形電車236号が展示されています。この車両は、京急電鉄の前身「湘南電気鉄道」時代の1930(昭和5)年から1978(昭和53)年まで京急線を走りました。

 館内中央には、京急線とその沿線が再現されたHOゲージのジオラマがあります。800形電車の本物の運転台で、模型車両搭載のカメラ映像を見ながら運転操作の体験が可能です。また、新1000形電車の実際の運転台を使った運転シミュレーターでは、実写映像を見ながら運転士の体験ができます。機器類も実写同様で、足元のペダルを踏むと警笛が鳴ります。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「京急ミュージアム」が開館 デハ230形に直筆サインHM けいきゅんらと「出発進行」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    そんなことより車掌がわざと乗客を挟む現状を改善したらどうかね。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。