名古屋高速が対距離制料金へ 東名や名神は引き上げ 中京圏の新高速道路料金案

地元の人だけでなく、通過利用する人にとっても影響は大きそうです。

名古屋高速が対距離制料金へ 東名や名神は引き上げ 中京圏の新高速道路料金案

中京圏における高速道路料金水準の整理・統一が実施される(画像:NEXCO中日本)。

 NEXCO中日本と名古屋高速道路公社は2020年2月13日(木)、「中京圏の新たな高速道路料金の具体案」を発表しました。2020年度に予定している名古屋第二環状道(名二環)名古屋西JCT~飛島JCT間の開通に合わせて導入するもので、両者はこの案について、国民からの意見を募集します。

 中京圏の高速道路料金については、ネットワークの進展を受け、国土交通省により東海環状道の内側における料金体系の統一を骨子とした案が話し合われてきました。今回のNEXCO中日本と名古屋高速の発表は、国が取りまとめて発表した案を踏まえたものです。おもな変更点は次のとおりです。

●名古屋高速
・対距離料金制の導入:名古屋線・尾北線の「料金圏」ごとに設定されている均一料金制を廃止し、高速自動車国道の大都市近郊区間の水準を基本とした対距離制料金を導入。ETC普通車で290円から1320円まで距離に応じ加算。現金車は最大距離料金を適用。
・車種区分の変更:現行の2車種区分(普通車、大型車)から、NEXCOと同じ5車種区分(軽自動車等、普通車、中型車、大型車、特大車)へ変更。
・「都心環状割引」の導入:放射路線から都心環状線への流出入に対し、都心環状線が一方通行であることによる負担増を避け、都心環状線利用者の分散を図る。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。