「廃線→バス専用道」から10年 鉄道よりよくなった? 茨城空港へ通じるBRT
拡大する(全2枚)

茨城空港の近くに、鉄道の廃線跡を活用したバス専用道が存在します。鉄道を廃止してバス専用道に転換しようといった議論が全国で進むなか、その先駆となった事例で、開業から10年を迎えました。これにより地域はどう変わったのでしょうか。

鉄道→代替バス→BRT 廃線から13年の鹿島鉄道

 2020年は、航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)が民間共用され茨城空港が開港してから10周年の節目です。同空港への交通機関も同様ですが、そのなかで比較的珍しいものに、バス専用道を経由して運行する路線バス「かしてつバス」が挙げられます。

 この地には2007(平成19)年まで、常磐線の石岡駅(石岡市)と鉾田駅(鉾田市)を東西に結ぶ私鉄の鹿島鉄道があり、かつては百里基地への燃料輸送も担っていました。この鹿島鉄道の代替バスとして誕生した「かしてつバス」は、同鉄道の廃線跡の一部を活用した約7kmのバス専用道を経由し、茨城空港連絡バスとしての役割も担っています。

「廃線→バス専用道」から10年 鉄道よりよくなった? 茨城空...の画像はこちら >>

旧鹿島鉄道線を活用したバス専用道を走る「かしてつバス」(画像:石岡市)。

 バス専用道は石岡市と小美玉市が整備したもので、2010(平成22)年8月30日に開通し、それまで並行する国道355号を走っていたバスが専用道経由に移行しました。なお、バスの運行は関東鉄道(旧鹿島鉄道の親会社)グループの関鉄グリーンバスが担当。この事例は日本初の「公設民営方式によるBRT(Bus Rapid Transit/バス高速輸送システム)」とされています。


この記事の画像

「「廃線→バス専用道」から10年 鉄道よりよくなった? 茨城空港へ通じるBRT」の画像1 「「廃線→バス専用道」から10年 鉄道よりよくなった? 茨城空港へ通じるBRT」の画像2