ヤクルト進撃の起爆剤となるか。名手エスコバーがチームに与える好影響

 ヤクルトの沖縄・浦添キャンプ。新外国人のアルシデス・エスコバーは、メジャー時代と比べたら2週間ほど早くキャンプ生活を過ごしている。

「このような時期に、こういった強度の練習をしたことがなかったので、もちろん疲れは感じています。でも、それ以上に(日本のキャンプを)楽しんでいます。チームがひとつになって楽しくやろうとする雰囲気というか、選手間で冗談を言い合いながら練習を進めている。そういった時間を、私はとても気に入っています」

 日ごとにチームに溶け込んでいくエスコバーの姿を見れば、シーズンへの期待はより大きくなるのだった。

ヤクルト進撃の起爆剤となるか。名手エスコバーがチームに与える好影響

2015年にア・リーグのゴールドグラブ賞を獲得したアルシデス・エスコバー

 エスコバーのメジャーでの球歴は、じつに華やかである。通算11年で1367安打、41本塁打、174盗塁をマーク。ロイヤルズに在籍した2015年は、「1番・ショート」としてワールドシリーズ制覇に貢献した。また、この年はオールスターにも出場し、ア・リーグチャンピオンシップではMVPを獲得。ゴールドグラブ賞にも選出された。

 そんなエスコバーに、日本式のキャンプについて聞くと、こんな答えが返ってきた。

「アメリカは個人で動きます。日本はチーム全体で動いて練習しますが、そのことに戸惑いはありません。日本の野球文化に順応していかないといけないですし、それは日本でプレーしようと考えた時から決めていたことです」

 エスコバーは朝のアップからチームと離れることはない。アップでは一つひとつの動きが新鮮なのか、「こうやるのか?」と愉快そうに体を動かしている。また、室内練習場での打撃練習が終われば、裏方たちと一緒になってボール拾いもする。

「自分はチームプレーヤーですから、勝利に貢献するのであれば何でもやります。なので、このキャンプのメニューもまったく問題ありません」

 シーズンに入れば、ビッグプレーでチームを救ってくれることを期待していますと伝えると、「重要なのは基本に忠実であるということです」と言って、こう続けた。

「守備に関しては、状況に応じることが大事なことで、まずは無難なプレーでアウトを取ることが大切です。アクロバティックなプレーはそうした積み重ねのなかから生まれるもので、私が心がけているのは、ステップと構え、そして正確な送球をすること。その3点です」

 エスコバーの守備は、チームにどんな印象を与えているのか。森岡良介内野守備・走塁コーチは「おそらく仕上がりとしてはまだ4割程度だと思うんですけど」と前置きして、こう話す。

「まず、基本にすごく忠実ですよね。そのなかで、打球をしっかりと自分のポイントまで引きつけて、捕球することができる。日本人には真似できないハンドリングの柔らかさがあります。もっと派手な動きを想像していたのですが、丁寧で堅実ですよね。チームのテーマである『取れるアウトを確実に取る』というのを意識してくれているのかもしれません」


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。