関屋記念は例年と異なる様相。穴党記者は驚愕の穴馬4頭を推す

関屋記念は例年と異なる様相。穴党記者は驚愕の穴馬4頭を推す
       

◆鷲見玲奈インタビューカット集「最新版」>>

 夏の新潟開催も、はや4週目。伝統のマイル重賞、GIII関屋記念(新潟・芝1600m)が8月16日に行なわれる。

 過去10年の1番人気の結果は、3勝、2着2回、3着1回、着外4回と、可もなく不可もなく。大波乱が起こっている印象はない。それでも、3連単の配当はすべて万馬券。10万円超えの好配当も3回出ており、オイシイ馬券をゲットできるチャンスは十分にある。

 このレースの傾向について、スポーツ報知の坂本達洋記者は、「例年のパターンとしては、GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)や、GIII中京記念(中京・芝1600m)から参戦してくる馬の好走例が多いです」と語るが、今年はちょっと様相が違うと言う。

「なにしろ、今年の中京記念(7月19日)は、阪神競馬場(芝1600m)で開催されました。しかも、最低人気のメイケイダイハード(牡5歳)が勝って大波乱を演出。これまでのように、レース予想の材料にするには、心許ないレースとなってしまいました。

 また、先週日曜日の新潟のレースは不良馬場で行なわれたレースがほとんどで、馬場がだいぶ荒れてしまったように思います。

 そうなると、例年のような"平坦で時計が速い新潟"といったイメージは振り払って、予想を組み立てるべきでしょう。力を要する荒れ馬場を苦にしない馬、あるいは前でしぶとく粘り切れる馬をピックアップしたいですね」

 そこで、なんと坂本記者は、GII京王杯スプリングC(5月16日/東京・芝1400m)で13着に沈んだドーヴァー(牡7歳)の名前を挙げた。


あわせて読みたい

webSportivaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ヴィクトリアマイル + 追い切り」のおすすめ記事

「ヴィクトリアマイル + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュース

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ヴィクトリアマイル 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。