東京モーターショー2019 日産が軽自動車のEVコンセプトカーを世界初公開

記事まとめ

  • 日産自動車は「第46回東京モーターショー」の出展概要を発表。
  • 小型電気自動車「ニッサンIMk」を世界初公開する。
  • ブース内には物販コーナーを設置し、限定グッズなどを販売する。

軽自動車のEVコンセプトカーを世界初公開! 日産が出展概要を発表【東京モーターショー2019】

プロパイロットが進化! 主要幹線道路での活用や自動駐車機能も

日産自動車は2019年10月25日(金)から一般公開される「第46回東京モーターショー」の出展概要を発表した。



今回は「ニッサン インテリジェント モビリティ」の将来を示すコンセプトカー「ニッサンIMk」を世界初公開する。また、既存モデルでは電気自動車(EV)の市場を牽引する「日産リーフe+」や「セレナe-POWER」、世界初となる運転支援システム「プロパイロット2.0」を搭載した「スカイライン」、「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデルなど計14モデルを展示する。



世界初の量産型EV「日産リーフ」や電動パワートレイン「e-POWER」など、電気自動車のノウハウを活用したモデルを多数世に送り出してきた日産が、新しいEVプラットフォームを提案した。ニッサンIMkは都市部の景観から伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質なデザインを取り入れた新しい時代の小型EVだ。



軽自動車のEVコンセプトカーを世界初公開! 日産が出展概要を発表【東京モーターショー2019】



ニッサンIMkは、全長3434mm、ドアミラーを除く全幅1512mm、全高1644mmの軽自動車規格のコンパクトなボディサイズでありながら、低重心のパッケージを採用し、EVならではの力強くスムーズな走りと静粛性を実現。ストップアンドゴーや車線変更の多い街中ではもちろん、傾斜のある道を走るときなど、あらゆるシーンで高い走行性能を発揮する。



軽自動車のEVコンセプトカーを世界初公開! 日産が出展概要を発表【東京モーターショー2019】



また、プロパイロット2.0をさらに進化させた次世代技術を搭載。高速道路での運転支援から主要幹線道路まで利用範囲を拡大し、幅広いシーンで運転をサポートする。さらにクルマが無人の状態で自ら駐車スペースを探して自動で駐車し、必要な時にドライバーがスマートフォンで呼ぶと迎えに来てくれるドライバーレスバレーパーキング機能を取り入れた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年10月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら