【オートサロン3日間で1000台以上の予約!】高額なGRヤリスがここまで売れるワケ

オートサロン会場でもっとも注目を集めたクルマ

東京オートサロン2020で大いに注目を集めたクルマといえば、トヨタGAZOO Racingが発表した「GRヤリス」だったと感じている人は少なくないだろう。WRCのマニュファクチャラーズタイトル(2018)、ドライバーズタイトル(2019)を獲得したWRCマシン「ヤリス」での知見を活かし、また次期WRCマシンのベースとなるべく生み出された「GRヤリス」は、間もなくフルモデルチェンジモデルが発売となる新型ヤリスと異なり、クーペ的なルーフラインの3ドアハッチバックボディを与えられたホモロゲーションモデルといえる存在だ。



【オートサロン3日間で1000台以上の予約!】高額なGRヤリスがここまで売れるワケ



単にボディ形状のホモロゲーション目的であればFWDだけのラインアップでもいいわけだが、専用設計の3気筒1.6リッターターボエンジン(最高出力200kW)に6速MTを組み合わせ、前後駆動配分100:0~0:100まで可能な4WDシステム「GR-FOUR」をも搭載している。“Born from WRC”のキャッチコピーよろしく、ノーマルでも十分にスポーツドライビングが楽しめるパッケージだ。2019年末にスバルWRX STIが生産終了となり、日本車からそのままラリーに参戦できるベース車がなくなってしまったと悲観にくれるファンも多かったが、まさしく光明となった。



予約金10万円が必要にも関わらず予約は1000台超え

いわゆるローンチエディションとなる「1st Edition」のメーカー希望小売価格は396万円。トルセンLSDやBBS製アルミホイールを装備する「High-performance 1st Edition」は456万円と、けっしてアフォーダブルな価格帯ではないが、その予約はオートサロンで発表した最初の3日間で1000名を超えたという。WEB限定予約かつ、予約時には10万円のデポジットが必要ということで、冷やかし的な予約はしづらくなっていることを考えると、本気で買おうとしているユーザーがそれだけいるというわけだ。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。