新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目
拡大する(全14枚)

SUVテイストをプラスした新顔に注目!

三菱自動車は、スーパーハイト軽ワゴンの新型eKスペースならびに新型eKクロス スペースを発表した。メーカー希望小売価格(税込み)は、eKスペースが139万9200円(M/2WD)~176万7700円(T/4WD)、eKクロス スペースは165万5500円(M/2WD)~199万1000円(T/4WD)。

新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKク...の画像はこちら >>



まず注目すべきは、eKクロス譲りの迫力あるフロントマスクを手に入れたeKクロス スペースだろう。「他社にはない“三菱自動車らしさ”を訴求するスーパーハイトワゴン」をコンセプトに開発。頼もしさ(SUVテイスト)をプラスし、居住性の改善や安全性能の強化、現行車のよいところを継承し、進化させている。

新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目



フロントマスクは、eKクロスの流用にも見えるが専用設計となっている。縦型の特徴的なヘッドライトは、eKクロス スペースではフォグランプやウインカーを内臓。横長のレンズユニットが、ヘッドライトとなっている。

新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目



タイヤをできる限り四隅へ配置することで、SUVのような踏ん張りを感じさせるスタンスを与え、小さいボディながらも存在感あるスタイリングに仕立てられている。ボディサイズは、全長×全幅×全高(mm)が3395×1475×1780(4WDは20mm高、メーカーオプションのルーフレール装着車は20mm高)だ。ちなみに、ホンダN-BOXの2WD車は、3395×1475×1790。

新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目


この記事の画像

「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像1 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像2 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像3 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像4
「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像5 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像6 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像7 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像8
「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像9 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像10 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像11 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像12
「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像13 「新型eKスペース誕生! 三菱らしさ120%なSUV顔のeKクロス スペースにも注目」の画像14