【試乗】新型ホンダ・アコードは「セダン人気復活」を任せられる「全部のせ」のスゴイやつ

アコードは今後のセダン市場を支える重要な1台

ホンダ・アコードは1976年に初代が登場し世界中で大ヒットを記録した人気モデルだ。今回10代目となる新型が国内マーケットにも登場し、試乗機会に恵まれた。



【試乗】新型ホンダ・アコードは「セダン人気復活」を任せられる「全部のせ」のスゴイやつ



「国内市場にも」と紹介したのは、じつは2017年から北米や中国市場においては投入されており、すでに高い評判を確立しているからである。おりしも国内マーケットはセダンモデルが苦境に立たされており、ホンダも基幹車種の「シビック・セダン」、「グレイス」などの生産を2020年8月をもって終了するというリリースを発したばかりだった。そんな状況のなかであえてセダンのアコードを投入するということは、国内でのセダン市場はアコードで支えるという意味も含まれていて、海外での高い評価実績と完成度に自信を深めての投入だと考えられる。



【試乗】新型ホンダ・アコードは「セダン人気復活」を任せられる「全部のせ」のスゴイやつ



そんな10代目アコードは2リッターHV(ハイブリッド)のワングレードのみの設定となった。トヨタ・カムリが2.5リッターHVの設定だけに集約したのに真正面から対抗するかのような位置づけといえる。



【試乗】新型ホンダ・アコードは「セダン人気復活」を任せられる「全部のせ」のスゴイやつ



では実車を見てみよう。車体のディメンション的には全長が45mm短くなったものの全幅は10mm拡幅されている。視認性向上のためAピラーの立ち上げ角度を大きくしたことでボンネットフードが長く見えるのとリヤウインドウがクーペスタイルに滑らかに描かれていることで、見た目的には大きくなった印象を受ける。



【試乗】新型ホンダ・アコードは「セダン人気復活」を任せられる「全部のせ」のスゴイやつ



室内も同様で、運転席まわりはフルサイズセダンに乗り込んだかのような広さと豪華さを感じさせる。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【試乗】新型ホンダ・アコードは「セダン人気復活」を任せられる「全部のせ」のスゴイやつ」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    かつては200万円の車がはや500万円にリーチかけてる。所得は伸びておらんのにね。なんか変。コケますな、。

    4
  • 匿名さん 通報

    お手頃価格のセダンを出せば売れると思うんだよなあ。高いから手を出す気になれない。走ればいいからスペックはどうでもいい層を忘れてる。

    3
  • 匿名さん 通報

    アコードは別に大して売れてないから安心してください。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。