これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった

これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった
拡大する(全6枚)

この記事をまとめると
■初代スズキ・アルトは1979年に47万円という衝撃価格でデビューした



■2021年に登場した9代目アルトは99.88万円と初代の約2倍の価格になっている



■物価の上昇率や装備内容を鑑みると新型アルトは安い!



新型アルトは一般ユーザー向けグレードのLで99.88万円

初代アルトは1979年に47万円という衝撃的な価格でデビューした、スズキ軽自動車のベーシックモデルとして、以来、42年以上、多くの人の愛され、使われてきたお手頃価格の軽セダン。今ではスペーシアやワゴンR、ワゴンRスマイルのようなスーパーハイト系、ハイトワゴン系モデルに人気が集中しているが、アルトはまさに日本のエントリーカーとしての欠かせない存在でもある。



これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐る...の画像はこちら >>



そして2021年12月、アルトは9代目に進化。価格は実質的一般ユーザー向けグレードのLで99.88万円と、100万円を切る価格設定となっている(最廉価グレードのAは94.38万円)。先代の価格は実質的一般ユーザー向けグレードのLが91.85万円(最廉価グレードのFはCVTモデルで86.35万円)だったから、9%程度の値上げではある。



これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった



初代アルトの47万円(から)という数字を記憶している昭和な人にとっては、「倍の価格じゃないか!」と思うかもしれないが、冷静に考えてみると、新型アルトが100万円を切ったことは、スズキのこだわり、努力もあって、かなりがんばったと断言できる。


この記事の画像

「これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった」の画像1 「これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった」の画像2 「これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった」の画像3 「これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった」の画像4
「これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった」の画像5 「これぞスズキの真骨頂! 新型アルトの価格は中身を見れば「恐るべき安さ」だった」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スズキ」に関する記事

「スズキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スズキ」の記事

次に読みたい「スズキ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク