「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度が見えない「水素燃料電池車」の行方
拡大する(全5枚)

この記事をまとめると
■FCVは水素を燃料に燃料電池スタックで発電し、その電気でモーターを駆動させるEV



■現在はトヨタMIRAIとヒョンデNEXOの2モデルが発売されているだけ



■燃料電池車がこれからどのように普及していくのかの明確な道筋はまだ見えていない



FCVは水素で発電してモーターを駆動させるEVの一種

「究極のエコカー」、そんなフレーズで一時、世の中の注目を一気に集めたのが燃料電池車だ。英語では、フューエル・セル・ヴィークル(FCV)と呼ばれる。いまさらながら、「燃料電池とはなにか」について一般的にはあまり知られていないと思う。この燃料と電池というふたつの言葉から、技術的、そして具体的なイメージを持つのが難しいからではないだろうか。



実際には、水素を燃料電池に通すことで発電し、それを使ってモーター駆動させて走る仕組みだ。つまり、燃料電池車とは、水素を使い自車発電する電気自動車なのだ。ホンダは以前、クラリティを市場導入した際、FCVを「燃料電池電気自動車」と称していたこともある。



「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度...の画像はこちら >>



燃料電池車について将来の量産化を目指して大きく進み始めたのは、いまから20年ほど前の2000年だ。アメリカのカリフォルニア州で、カリフォルニア・フューエル・セル・パートナーシップ(CaFCP)という試みが同州環境局を中心に始まった。



トヨタ、ホンダ、ダイムラー(メルセデス・ベンツ)、GM、フォード、ヒョンデ(当時はヒュンダイ)などが参加して、車両開発や水素インフラの研究などを共同で行うという自動車産業史の中で極めて稀なプロジェクトだ。


この記事の画像

「「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度が見えない「水素燃料電池車」の行方」の画像1 「「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度が見えない「水素燃料電池車」の行方」の画像2 「「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度が見えない「水素燃料電池車」の行方」の画像3 「「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度が見えない「水素燃料電池車」の行方」の画像4
「「究極のエコカー」は市販されているのに普及せず! 国の本気度が見えない「水素燃料電池車」の行方」の画像5