トップニュース

金融政策の現状維持 1人反対

[東京21日ロイター]-日銀は21日の金融政策決定会合で、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」のもとで短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度とする操作目標の維持を賛成8、反対1の賛成多数で決定した。7月に就任し、今回から議論に初めて参加した鈴木人司、片岡剛士の両審議委員のうち、片岡委員が現行政策は物価2%目標の達成には不十分として反対票を投じた。片岡委員は、金融緩和政策を柱...全文>>

自動車

もっと見る

プレスリリース

もっと見る