0

ケツバット廃止を否定する松本人志の本心

2017年10月6日 22時11分 (2017年10月7日 22時00分 更新)

 「笑いの神様」といわれる程、老若男女問わず幅広い世代に笑いを提供し続けるダウンダウンの松本人志(54)が、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)の年末スペシャル「笑ってはいけないシリーズ」で恒例の"ケツバット"が廃止されるという報道に対して、2017年の10月5日に自身のツイッターで完全否定した。

 ケツバットとは、同番組で出演者が笑ってしまうと、罰としておしりにバット状の棒で叩かれてしまうことだ。これが「イジメを助長する」という理由から、ケツバットを廃止して別の表現に変更する可能性があるといった報道だったのだが、この報道に対し松本は、「どえらいガセ」と否定した。

 松本がツイッターで自身に関する報道を否定したのは今回だけではない。過去にも、松本はツイッターで自身の報道を否定したことがある。

 その内容は、昨年世間を騒がせた「SMAP解散騒動」に関することだ。同騒動は、木村拓哉を擁護し、中居正広らが悪者扱いされるといった報道も一部存在していた。女性セブンは、同騒動中に松本が「解散したくないなら、木村に謝れ」と中居に助言したと報道したが、これに関して松本は「100%ウソ!」と完全否定した。後日、女性セブン側は松本に謝罪をして収まったが、松本がここまでガセネタを否定する理由は何なのだろうか?

 一番の理由は、松本の真面目な性格だろう。松本は嘘を嫌う性格であり、コメンテーターとして出演中の「ワイドナショー」(フジテレビ系)でも、率直な意見を述べることで視聴者からも評価されており、過去には自身の本心とは違う報道をされてしまったことでラジオ番組を終了させたこともある。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品