今注目のアプリ、書籍をレビュー

岡田准一は、本当は苦しいのに苦しくないフリをしていた「エヴェレスト 神々の山嶺」完成披露試写会レポ

2016年2月5日 09時50分

ライター情報:柚月裕実

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ここに登壇しているみなさんと一緒にエヴェレストに登りたいです」
左から阿部寛、佐々木蔵之介、甲本雅裕、平山秀幸監督

映画『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』(3月12日(土)公開)の完成披露試写会が2月4日東京・TOKYO DOME CITY HALLにて行われた。

完成報告会に登壇した岡田准一、阿部寛、尾野真千子、平山秀幸監督に加えて、今回はピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、佐々木蔵之介が顔を揃え、にぎやかな試写会となった。

司会の「前方をご覧ください!」の声と共にステージの幕が開き、主演の岡田准一をセンターにして8名が出現。エヴェレストの大きなスクリーンをバックに、スモークと紙吹雪の演出で華々しく登場した。
盛大な拍手を受けて、山岳カメラマン深町誠役の岡田准一が挨拶した。

「みなさんこんにちは。今日はお忙しいなかお越しいただきありがとうございます。あの……すごい感じで登場させていただきました、びっくりしました(笑)深町誠という野心家のカメラマン、阿部さんを追っかけるカメラマンの役を演じさせていただきました。本当にあの、熱い挑戦の大人の映画になっていると思います。僕たちも実際、熱い挑戦をしながらエヴェレストに登って、空気半分、マイナス20度という場所でギリギリの挑戦をしてきて、撮影を敢行してきました。その熱い想いをたくさんの方に感じていただければ嬉しいなと。今日はよろしくお願いします」

孤高の天才クライマー羽生丈二役を演じた阿部寛が続く。
「みなさんこんにちは。羽生丈二をやらせていただきました阿部寛です。不屈の男を演じさせていただきましたけども、あの、隣にいる不屈の男が(岡田)かなり強い不屈の男なんで(笑)。実際エヴェレストまで5200メートルまで行かせてもらいましたけども。あの、岡田くんに負けないように、精神力だけでも負けないようにと、精一杯がんばってやってきました」

深町と羽生に人生を翻弄される岸涼子役の尾野真千子。
試すように「みなさん、こんにちは」と投げかけると「こんにちは!」と会場から大きな声が返ってくる。尾野は小声で「ありがとうございます(笑)」
続いて佐々木蔵之介、ピエール瀧らも同様に切り出す。
全員が即興で挨拶を揃えるノリの良さは、過酷なロケを一緒に乗り越えた一体感がそうさせるのか、現場の雰囲気を味わえた気分だった。
紅一点の尾野真千子、黒のワンピースにパープルのタイツをあわせたクールなコーディネート

最後に平山監督も「えーこんにちは!」。期待を裏切らない挨拶に会場からは笑いが起こった。
「一年前に撮影をはじめて、今日完成披露を迎えて、やっと山から降りて来たなという気分です。

ライター情報

柚月裕実

Web編集/ライター。ジャニヲタ。アイドルがサングラスを外しただけでも泣く涙腺ゆるめな30代。主にKAT-TUNとNEWSですが、もはや事務所担。

URL:Twitter:@hiromin2013

注目の商品