音楽総合サイト
【PR】
  • マイリンクに登録
  •   
アーティスト一覧

クローズアップ

JUJU

JUJU

「今度の曲は悪女の強がりです! 」

インタビュー

2010年11月18日 掲載

JUJU   インタビュー

  • Excite:新曲「この夜を止めてよ」は、話題のドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』(関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌ですね。

  • JUJU:次のアルバムに向かって、制作を始めているところで、そこからドラマの世界観に合うと思う数曲をピックアップして、(仮歌で)ラララって入れてみたんです。その時に、自分の中ではこの曲が一番ドラマにはふさわしいかなって。

  • Excite:直感的に、ドラマとリンクしていると感じたと。

  • JUJU:好きになってはいけない相手を好きになってしまうっていう、痛さみたいなものが、この曲は最も強かったから。決まってからすぐに、Jin Nakamura氏にアレンジをお願いして。歌詞は松尾(潔)さんに書いてもらいました。で、出来たものを聴いて、(作曲の)松本(俊明)さんを含め、「すごいな~、この3人って」って。

  • Excite:たしかにメロディも歌詞もアレンジも、苦しくて、胸に迫ります。

  • JUJU:私を含め、曲を作っている段階でドラマの詳しい内容までは知らなくて。だから、この先どう展開するのか、もしかしてハッピーエンドになるのか……。ただ、ドラマの主人公の二人の苦しさは察することが出来た、というか。たまたま好きになった相手が、好きになっちゃいけない人だったというのは起こりうること。出来上がってきた曲を手にした時、私自身も思い当たるふしが、あったり、無かったり(笑)。松尾さんは、いったい何を食べたら、こんなすごい詞を書けるんだろうなって思いました。

  • Excite:ホントですね。苦しすぎますよ。歌う時は何を思い描いた?

  • JUJU:この曲の物語の主人公を思い描いて歌いましたが、メロディーと歌詞がものすごく寄り添っているから、感情移入しやすかったです。歌詞の内容とかはムチャクチャ苦しい曲なのに、歌うことがとっても楽しい曲でした。

  • Excite:JUJUさん自身は、特にどこにグッと来ましたか?

  • JUJU:大サビの部分、かな。<あまい過去の記憶なんて わたしは惜しくない かたちのある未来なんか しがみつきたくはない>ってところは、「あぁぁ~~!」って言葉にならない何かが押し寄せた(笑)。“自分の過去さえ捨てていいし、形のある未来さえもいらないから、あなたと一緒にいたい”って気持ちってすごいなって。“先にも進めないし、後戻りもできないから、だから今、ここで時間を止めて”って思うほどの恋愛って壮絶だなって。

バックナンバー

おすすめ