巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

不忍池に野球場!? 新宿御苑にゴルフ場!? 空中写真でタイムスリップ

1948年、1975年、2009年……3時代の空中写真に分かりやすい解説を添えた「空から見る戦後の東京 60年のおもかげ」(実業之日本社)が人気だ。眺めているだけで新たな発見に遭遇する。著者で、地図や近代史研究をライフワークとしている竹内正浩さんに、知っていると思わず話したくなる東京の街の変遷を伺った。

●新宿

まずは新宿の空中写真から。じっくり鑑賞して、見比べてみてください。


▲1948年
新宿駅の西側は、1898年から1965年までの約70年間、浄水場(淀橋浄水場)だった。跡地は新宿副都心の高層ビル群となっている。(空中写真 左手参照)
「新宿御苑にはゴルフ場もありました」(竹内さん)
ゴルフ場は皇族専用のコースとして大正時代に誕生。当初は4コースだったが、その後9コースに拡幅された。


▲1975年
淀橋浄水場が閉鎖されて10年が経過した頃の様子。跡地は建設途中のビルや、まだむき出しの土地が目立つが、京王プラザホテル(47階、179メートル)、新宿住友ビル(52階、210メートル)、新宿三井ビル(55階、225メートル)は完成している。新宿三井ビルは完成時は日本一の高さのビルだった。


▲2009年
1996年、新宿駅南側に高島屋タイムズスクエアが開業。かつてJR東日本の貨物ホームがあった場所だ。新宿コマ劇場は、2008年いっぱいで閉館。同年、コクーンタワーが完成した。

写真は国土地理院が所有する空中写真を三世代に区分けしている。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2015年5月12日 17時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!