山口達也 入院先での気になる今「憔悴しきって見る影もない」

山口達也氏「不祥事の発覚」からジャニーズ退所までの動き

TOKIOのメンバーとしてベースを担当し、テレビ番組の司会者なども務めていた山口達也氏が、女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検された。報道の翌日には山口の無期限謹慎が事務所側から発表された。翌月にはジャニーズ事務所に出した辞表が受理され、芸能界の表舞台から姿を消したが、被害者となった相手の少女、同僚だったメンバーへの謝罪、自信の治療など、山口達也氏の「その後」は続いている。

強制わいせつ容疑で書類送検

TOKIOのメンバーでベース担当の山口達也が、自宅マンションの部屋で女子高校生に無理やりキスなどをしたとして、強制わいせつの疑いで書類送検された。NHKの報道後には各局でもこの件に関する報道が相次ぎ、同時にテレビ局などは山口達也が出演する番組などへの対応に追われた。

TOKIO出演番組など 相次ぎ差し替え

被害者と知り合うきっかけになったと言われている番組を始め、山口が出演している番組は相次いで差し替えが行われた。影響はTOKIO全体にも及び、同日放送予定だったTOKIOカケルは放送休止、鉄腕DASHなども対応を迫られた。

国分太一 生放送のビビットで涙の謝罪

書類送検の報道から一夜明け、TOKIOメンバーの国分太一が出演するビビットでは、国分の謝罪から放送がスタート。声を震わせながら謝罪の言葉などを述べている。謝罪が終わった後も山口に関するニュースが流れ、時折涙を見せていた。

メンバーへの心配も 先輩や後輩、識者から意見

山口の書類送検に関して、様々な芸能人がコメント。その中には元ジャニーズの「先輩」、そして今も同じ事務所で活躍する後輩も、この出来事に言及している。

山口達也が記者会見で涙 そして無期限謹慎

ビビット放送の数時間後、都内のホテルで山口達也が弁護士同伴という形で、報道後初めて公の場に。会見では本人の発言の前に弁護士から山口の無期限謹慎が発表された。

会見中は涙を流し、「肝臓関係」で入院していたことを告白。退院したその日に飲酒したことなど、断片的ながらも当時の様子を自らの口で説明し、被害者への思いやメンバー、そしてファンへの謝罪も口にしている。

なぜ「山口達也メンバー」?一部メディアが説明

多くの新聞社やニュース番組では、山口達也のことを「山口達也メンバー」と紹介、通常ではあまり見かけない呼称を用いられている。これについてTBSでは「示談が進められているため、さん付けや容疑者という表記を避ける」としている。

 ネット上ではテレビ番組などで「山口達也メンバー」と報じる部分が話題を集め「なぜメンバーとつけるのかな」「グループメンバーだからなの?」などの声が寄せられた。
なぜ山口達也に“メンバー”をつけるのか?Nスタで説明も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

実際、過去に元ジャニーズの稲垣吾郎さんや草なぎ剛さんが逮捕された際には、全国紙(朝日、読売、毎日、産経)は「容疑者」と報じている。
強制わいせつ報道「山口達也メンバー」にネットでは「暗黙のルール」と指摘。実際は…

怒りや悲しみ TOKIO4人の記者会見

城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の4人は、5月2日に記者会見を開いた。

4人は山口達也同様、黒いスーツに身を包んで静かに会見場へと足を運んだ。そして、何度も頭を下げて謝罪を繰り返した。

謝罪の中には山口達也が「TOKIOに戻りたい」と発言したことに対する怒りも込められ、とりわけ松岡昌宏から発せられる怒りのコメントが目立ち、「あなたは病気」と叱責したことも明かした。

また、山口達也が辞表を提出していたことが、この会見で初めて公になる。

ジャニーズ退所 消えた「TOKIOの山口達也」

5月1日に起訴猶予処分が出された山口達也だったが、この時も辞意を取り下げておらず、6日にジャニーズ側が退所の意向を受け入れた。

結果として、TOKIOからの脱退だけではなく、ジャニーズ事務所との契約を解除という、最も重い処分が下される形になった。

弟や元妻が 山口達也さんの「その後」

ジャニーズ退所後も、山口達也さんに関する情報はテレビ、インターネットを問わず飛び交った。病院への入院、2016年に離婚した元妻からの声かけ、5億円と推定される「豪邸」の売却など、一時は毎日のように一般人・山口達也さんの憶測を含めた報道などが行われていた。

中には山口達也さんの弟で、プロレスラーとして活動するKouzyこと山口公次さんへ取材を申し込むメディアも。

番組やCMに復帰 前を向く「4人のTOKIO」

ジャニーズの中でも異例の形でメンバーが脱退していく事態に見舞われたTOKIO。一時はほぼノーギャラだったという福島県の広報なども含め、出演CMが全て見合わせになるなどの影響が出ていた。

しかし、山口達也さんが担当していたラジオ番組の引き継ぎやCM続投、そして冠番組の鉄腕!DASH!!の放送などで徐々に復活を遂げていく。主演映画やドラマも無事に上映や放送が行われ、それぞれの場で再び活躍している。