ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

障害のある表現者たちによる「平成の見世物小屋」が伝えたかったこと

ライター情報:前田郁/イベニア

日本のテレビで障害のある人たちを見るのは、ドキュメンタリーか、福祉番組がほとんど。まして以前あった「見世物小屋」などは障害者を虐待している!とタブー視されている。そこに一石を投じるべく復活したのが「平成の見世物小屋」こと「月夜のからくりハウス~平成まぜこぜ一座~」。センセーショナルな見出しをつけてでも、世間に伝えたいメッセージとは?

「表現したい」パフォーマーが集う平成まぜこぜ一座


東京・品川プリンスホテルClub eX(クラブエックス)にて、平成まぜこぜ一座「月夜のからくりハウス」が12月10日に開催された。それは障害のあるなしに関わらず、表現したいという思いを持ったパフォーマーが出演する舞台。主催は東ちづるさんが代表を務める一般社団法人Get in touchだ。
photo by toboji 東ちづるさんが脚本演出も担当


「もんちゃん&れんちゃん」は手話漫才師。豊かな表情と大振りな動きと手話を組み合わせている。緑のジャケットを着たモンキー高野さん。身体は女だが心は男。一方、相方の菊川れんさんは男から女へ。お互い別のパートナーがいるが、二人がやっているのは「夫婦漫才」だ。聞こえないことを自虐したネタで会場を沸かせる。
photo by toboji 振袖と派手なジャケットの典型的な夫婦漫才スタイル



どんどん出てくるユニークなパフォーマー


「障害者と健常者が一緒につくる」劇団人の森ケチャップ。日本で一番小さい手品師のマメ山田さん、盲目の落語家桂福点さんは、この舞台を通じて狂言回しの役割を果たす。
photo by toboji劇団人の森ケチャップ

photo by toboji マメ山田さんはこの見世物小屋の総支配人

photographer惠原祐二 桂福点さんが義眼を外して見せるのは鉄板ネタ


女装詩人の登場で一気に怪しい雰囲気に


ドラァグクイーンのベアリーヌ・ド・ピンクさんが登場すると、場の雰囲気は一気にアンダーグラウンドな猥雑さを帯びた。HIV感染者であるピンクさんが「熊夫人の告白2/血の問題」を朗読。聞いているとゲイであることもHIV感染者であることも個性の一つでしかないような気がしてきた。
photographer惠原祐二 車椅子で登場したベアリーヌ・ド・ピンクさん。ドレスの裾から義足が見える

photographer惠原祐二 円形舞台がゆっくりと回る。その上で朗読するピンクさん



障害者の枠を軽々と超える


全盲のシンガーである佐藤ひらりさん、自閉症のダンサーである想真さん。二人のパフォーマンスは、「全盲の」とか、「自閉症の」なんて形容詞は必要なくて、むしろそういった形容詞をつけることが失礼になるような気がした。実際、佐藤さんはニューヨークのアポロシアターでアマチュアチャンピオンになっている。
photographer惠原祐二 佐藤ひらりさん。会場には彼女の伸びやかな声が響いた

photographer惠原祐二 想真さんの幻想的なダンス


糸あやつり人形と共演した、鶴田流薩摩琵琶奏者の西原鶴真さん。こちらは年齢とか性別とか、そんな枠を超えている人だ。
photo by toboji
パンキッシュな衣装で弾く琵琶。そのギャップと音楽に引き込まれる。


関連キーワード

ライター情報: 前田郁/イベニア

ライター。シナリオライター。ミニコミ誌中心に執筆。舞台公演の手伝いもします。不妊治療経験者の記事を書いて5年になります。

2017年12月16日 19時00分