bit

沢田研二はかつて、おフランスでもアイドルだった

少々、マニアックな話題で申し訳ないのだが、海外の古い雑誌をいろいろコレクションしている私。最近、『quinze ans(15才)』というフランスの70年代の少女雑誌を見ていたところこんな記事を見つけた。
「日本的な雰囲気を演出する手づくりインテリア」紹介ページに、ジュリーこと沢田研二さんのフランス語版レコードが紹介されていたのである。70年代といえば私は小学生。当時、「勝手にしやがれ」「サムライ」「ダーリング」など、次々とフックの効いたヒットを飛ばし、私もモノマネつきでよく歌っていたものだった。そんな押しも押されぬスーパーアイドルだったジュリーだが、ひそかにフランスデビューまでしていたとは! 辞書を片手にむりやり記事を訳してみたところ、
「トーキョーのヒットパレードで有名な沢田研二が、この冬ヨーロッパを魅了」と書いてあり、なんと、フランスだけでなくイギリスや旧西ドイツでもレコードが発売され、婦女子のハートをワシ掴みにしていたようです。
誌面には「mon amour Je VIENS DU BOUT DU MONDE(邦題は「巴里にひとり」)」のシングルレコードが紹介されており、なんとこの曲は75年にはフランスでベスト10入りを果たしているんですってよー。

「人気アーティストの◯◯がついに海外進出!!」とかいっても、たいてい海外でレコーディングしただけだったりすることが多いのにこれってスゴイことなのではないでしょうか。ちなみに、このフランス語タイトルを直訳すると「恋人よ、ボクは世界の果てからやってきた」となります。私たちが外タレに憧れるように当時、パリの女の子たちは「東洋からやってきた王子様」ジュリーにシビれていたんでしょうか?? 音源のほうも探して聴いてみたところ、たどたどしくて決してうまいとはいえないフランス語でしたが、そこが逆にマドモワゼルたちの母性本能をくすぐったのかも……。

ただひとつ、この記事で残念なのはジュリーの日本でのヒット曲「危険なふたり」が、間違えて“kikenna future”(「危険な未来」)と紹介されていたこと。確かにローマ字で書くとスペル似てますが、「危険なフューチャー」って……。
この記事が載っていたのは『quinze ans(15才)』というティーンの女の子向けの雑誌で、この号の特集はズバリ「JAPON(日本)」特集。日本でいうと「セブンティーン」みたいな、ファッションやインテリア、マンガなど10代の女の子の関心事が詰まっている、なんともかわいらしい雑誌なのです。
化粧やフリフリのブラウスなども難なく着こなし、今思えばビジュアル系の父ともいうべき存在だったジュリー。考えてみたら退廃的なムード漂うおフランスとジュリーはとってもよくお似合い! ジュリーの昔からのファンという人には「今さら」な話題なのかもしれませんが、門外漢にはちょっとびっくりの発見でした。
(野崎 泉)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2006年7月13日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。