アイアンが得意なのにやさしいモデルを使う 原英莉花が体現する新しいショットメーカー像

アイアンが得意なのにやさしいモデルを使う 原英莉花が体現する新しいショットメーカー像
       
昨年、原英莉花は「日本女子オープン」と「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の2つの国内メジャーを制覇。そんな原が日本オープンで投入したクラブがある。それがミズノの『JPX921 ホットメタル』だった。
ゴルファーなら誰もが勝ちを欲するナショナルオープンのタイミングで、スコアメイクの“骨”ともいえるアイアンを変更した理由を聞かれた原は、「ジャンボさんに『いままでで一番いいアイアンだ』って言われました。私のアイアンの弾道は低かったみたいで、これは高く飛ばせる。そこをすごく褒めてもらいました」と答えている。高校生の頃からスイングを見てもらっている師匠、尾崎将司の後押しが決め手となった。
それまでは175ヤードだった5番アイアンの飛距離が、『JPX921 ホットメタル』に替えた途端180ヤードにアップ。「5番アイアンが飛ぶから苦手なユーティリティを1本抜くことができました」とクラブセッティングのバランスも良くなった。
飛距離に人一倍強いこだわりを持つジャンボの愛弟子で、長い手足と身体能力を生かしたドライバーショットに定評がある原だが、日本女子オープンの優勝会見では本人がこれに異を唱えた。「みなさん私の長所はドライバーだといいますけど、自分のなかでは一番アイアンが好き。フェアウェイにドライバーで置いて、その後のピンに絡めるショットを見てほしいです」とアピールしたのだ。
確かに平均飛距離で250ヤードを超えるドライバーに目が行きがちだが、実は原はパーオン率も高い。18、19、20年のパーオン率はそれぞれ、6位(72.62%)、10位(73.29%)、10位(73.06%)と高いレベルをキープしている。日本女子オープンでは、難しいピン位置も積極的にアイアンで狙ってバーディを積み重ね、トータル16アンダーまでスコアを伸ばして優勝。2位の

当時の記事を読む

原英莉花のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「原英莉花」に関する記事

「原英莉花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「原英莉花」の記事

次に読みたい「原英莉花」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 原英莉花 Instagram

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。