ニッポン手仕事図鑑編集長~伝統ある工芸品こそ“普段使い”で使っていただきたい

ニッポン手仕事図鑑編集長~伝統ある工芸品こそ“普段使い”で使っていただきたい
       

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に『ニッポン手仕事図鑑』編集長の大牧圭吾が出演。伝統工芸品の存在価値について語った。

ニッポン手仕事図鑑編集長~伝統ある工芸品こそ“普段使い”で...の画像はこちら >>

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは『ニッポン手仕事図鑑』の編集長、大牧圭吾さんです。これまで数多くの職人の方々を取材されていますが、特に印象に残っている方はいらっしゃいますか?

大牧)長野県塩尻市にある木曽は、昔ながらの漆器の産地です。木曽漆器と言う伝統工芸品店に取材に行ったのですが、そこには僕の母親くらいの職人さんがいて、つくり手も後継者なのだけれども、使い手も後継者だし、伝え手も後継者なのだということを話してくれました。つくり手だけが後継者ではなくて、同時進行で伝える人、使う人を育ててこそ伝統工芸は残るのだということですね。その言葉がいまでも印象に残っています。

黒木)伝統工芸品はいただいて飾って、ときどき見るという印象がありますが。

大牧)職人さんと会って一緒に体験をして、子どもたちの想いが強くなるほど、「その商品を壊してはいけない」と大切にします。いわゆる日用品は使ってもらってなんぼなのですが、飾ったりしまったりという方向に行きがちです。

黒木)高価すぎて、手づくりとなるとね。

大牧)職人さんは子どもたちに「大事に使ってもらって、その結果壊れるということは、職人がいちばん望んでいることだ」と言います。僕らが伝統工芸品の価値を上げると、その商品を「使わずに保管する」という方向に行きがちです。それは今後の大きなテーマの1つです。


あわせて読みたい

黒木瞳のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「黒木瞳 + 宝塚」のおすすめ記事

「黒木瞳 + 宝塚」のおすすめ記事をもっと見る

「黒木瞳 + Instagram」のおすすめ記事

「黒木瞳 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「寺島しのぶ」のニュース

次に読みたい関連記事「寺島しのぶ」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月8日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 黒木瞳 Instagram
  2. 黒木瞳 あさナビ
  3. 黒木瞳 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。