雅楽で使われる「笙(しょう)」という伝統楽器

雅楽で使われる「笙(しょう)」という伝統楽器
       

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に音楽監督・笙奏者の宮田まゆみが出演。雅楽で演奏される笙(しょう)の仕組みについて語った。

雅楽で使われる「笙(しょう)」という伝統楽器の画像はこちら >>

宮田まゆみ

黒木)毎日さまざまなジャンルのプロフェッショナルにお話を伺う「あさナビ」。今週のゲストは、雅楽で使われる東洋の伝統楽器である笙(しょう)奏者の宮田まゆみさんです。宮田さんは笙を世界に広められた第一人者です。まず、雅楽とは何か、また、笙について教えてください。

宮田)日本で雅楽と呼ばれているものは、大きく分けて、日本古来のものと、朝鮮半島や中国大陸から渡って来た音楽が融合して、平安時代の半ばに日本で作曲されたものがあります。皆様がお聴きになる「越天楽」という有名な曲がありますが、「越天楽」のような曲が渡って来たのが8世紀前後です。神社のイメージが強いのですが、はじめは大きなお寺で演奏されることが多かったのです。次第に宮廷や貴族の宴会、あるいはプライベートに演奏されるようになって来ました。それを引き継いでいるのが現在の雅楽です。

黒木)笙は竹でできているのですか?

宮田)はい。お椀型の空気が出入りするところは木でできていて、漆が塗ってあります。この上に細い竹が17本刺さっていて、その根元に金属の小さい簧(した)があります。西洋で言えばリードです。これが振動して、空気を通したときに簧が表と裏と両方振動して音が出ます。吹く息と吸う息と両方同じ音が出ます。


当時の記事を読む

黒木瞳のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「黒木瞳」に関する記事

「黒木瞳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「黒木瞳」の記事

次に読みたい「黒木瞳」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 黒木瞳 Instagram
  2. 黒木瞳 あさナビ
  3. 黒木瞳 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。