2016年3月5日に『映画ドラえもん 新・のび太日本誕生』が全国公開を迎える。映画第1作から35周年という節目を終え、今回シリーズ36本目として新たなステージへ踏み出す作品として選ばれたのは、1989年に公開された『のび太日本誕生』。7万年前の日本を舞台に、家出したのび太と仲間たちが大冒険を繰り広げる物語だ。本作は「映画ドラえもん」シリーズ史上歴代1位の動員数を誇り、シリーズ屈指の傑作としてファンからの人気も高い一本。それだけに2016年にどのように形で生まれ変わるのか楽しみなところだ。
今回、メインキャラクターを務める水田わさびさん、大原めぐみさん、かかずゆみさん、木村昴さん、関智一さんの5人にインタビューを敢行。劇場版の見どころはもちろん、キャストとして歩んできた11年の軌跡までを語ってもらった。
[取材・構成=沖本茂義]

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』
2016年3月5日全国東宝系にてロードショー
http://doraeiga.com/2016/

――1989年公開の『のび太の日本誕生』はシリーズ最高の動員数を誇り、ファンからの人気も高い作品です。それを新たに演じることについていかがでしたか?

関智一さん(以下、関)
やっぱりプレッシャーは大きかったですね。一方で、2016年にどう生まれ変わるのか、僕自身楽しみでもありました。

かかずゆみさん(以下、かかず)
人気の高い作品だと分かっていたので、みんなの期待に応えようと緊張感を持ちながら演じた感じですね。

この記事の画像

「「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」メインキャスト5人にインタビュー 11年目を迎えた心境は?」の画像1 「「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」メインキャスト5人にインタビュー 11年目を迎えた心境は?」の画像2 「「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」メインキャスト5人にインタビュー 11年目を迎えた心境は?」の画像3 「「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」メインキャスト5人にインタビュー 11年目を迎えた心境は?」の画像4