「バック・アロウ」第3話「巨大な城艦(ふね)は希望になるか」先行カット公開&第2話あらすじ振り返り

「バック・アロウ」第3話「巨大な城艦(ふね)は希望になるか」先行カット公開&第2話あらすじ振り返り
『バック・アロウ』第3話「巨大な城艦(ふね)は希望になるか」先行場面カット(C)谷口悟朗・中島かずき・ANIPLEX/バック・アロウ製作委員会
TVアニメ『バック・アロウ』より、2021年1月22日(金)から放送される第3話「巨大な城艦(ふね)は希望になるか」の先行カットが公開された。

『バック・アロウ』は、監督が谷口悟朗(『コードギアス 反逆のルルーシュ』監督)、シリーズ構成・全話脚本が中島かずき(『天元突破グレンラガン』シリーズ構成)によるオリジナルTVアニメだ。

物語の舞台は、壁に囲まれた世界「リンガリンド」。“壁は神”という考えが根幹にあるその地に、ある日、謎の男バック・アロウが現れる。
アロウは記憶を失っているが、自分が「“壁の外”からやってきた」ことだけはわかると言う。記憶を取り戻すために壁の外を目指すアロウだったが、次第に自身をめぐる争いに巻き込まれていく。

前回放送の第2話「夢はまったく迷惑なのか」で、壁の外に帰りたいバック・アロウは、レッカ剴帝国のシュウと出会う。
助力を申し出るシュウの言葉に従いエッジャ村に残るアロウだが、村には彼を養う余裕はない。精一杯の食糧を渡されたアロウは、人知れずエッジャ村を去ったのだった。

その後まもなく、リュート卿和国からアロウの引き渡しを持ちかけられたイキ合愁国が、アロウ探索に村へとやってくるが、すでにアロウが村を去ったと知ると、全てをなかったことにするために村を襲う。
その混乱のなかエルシャは、地中に眠る巨大な"何か”を起動させるのだった。
一方その頃、レッカ凱帝国のシュウは、「壁の外から来た男が世界を滅ぼす」という予言を知り……。

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「先行カット」に関する記事

「先行カット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「先行カット」の記事

次に読みたい「先行カット」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。