再度放送中のTVアニメ『呪術廻戦』第1期より、7月3日放送の第14話から開幕となる「京都姉妹校交流会編」に向けて新ビジュアルが公開された。また、第14話の副音声のオーディオコメンタリーには、榎木淳弥瀬戸麻沙美中村悠一が登場することがわかった。

『呪術廻戦』は、「週刊少年ジャンプ」にて連載中で、シリーズ累計発行部数が6500万部を突破しているマンガを原作とするダークファンタジー。初の映画化となった『劇場版 呪術廻戦 0』は興行収入が137.5億円を突破し、大好評のうちに終映を迎えた。待望のTVアニメ第2期は2023年の放送が決定している。

TVアニメ第1期が現在、毎週日曜17時からMBS/TBS系の全国28局ネットにて再度放送中の本作。このたび、7月3日放送の第14話から開幕となる「京都姉妹校交流会編」に向けて、 主人公の虎杖悠仁とその前に立ち塞がる京都校の東堂葵の姿が描かれた新ビジュアルが公開された。この「京都姉妹校交流会編」では、個性豊かな両校の呪術師同士が激しいバトルを繰り広げる団体戦が展開する。そして、新たに登場する呪詛師と呪霊たちとの壮絶な死闘が、大迫力のアクションシーンとともに描かれていく。

さらに、第14話「京都姉妹校交流会-団体戦(0)-」の放送では、 副音声のオーディオコメンタリーに虎杖悠仁役の榎木淳弥、釘崎野薔薇役の瀬戸麻沙美、五条悟役の中村悠一が登場することが決定した。TV放送後には「Spotify」オリジナルポッドキャストにて独占配信も実施されるので、初めて観る場合はもちろん、改めて観る視聴者もぜひ、出演キャストのコメントとともにリアルタイムや配信にて楽しみたい。