フジテレビの水10ドラマ『ナンバMG5』の特別編「全開バリバリでアリガト編」が、6月29日に放送された。このエピソードで、難破家の愛犬・松を演じる豆三郎と、松の声を担当した声優で俳優の津田健次郎が、ついに“実写”で夢の初共演を果たした。津田からはコメントも到着した。

『ナンバMG5』は、不良マンガの天才・小沢としおの『ナンバMG5』とその続編『ナンバデッドエンド』を映像化したドラマだ。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮祥太朗)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」という思いを抱き、家族に内緒で健全な高校に入学するという“高校“逆”デビュー”物語が繰り広げられた。

松(豆三郎)は、間宮演じる剛(つよし)が幼少期から“弟”としてかわいがっている、難破家の愛犬だ。ドラマの第1話から、松のモフモフとしたキュートなルックスはもちろん、つぶらな瞳で魅せる演技、そして声は津田健次郎によるイケボというギャップに多くの視聴者がとりこになっていた。

そして迎えた6月29日の放送では、難破家のメンバーが松のバースデーを祝うためにひそひそと家族会議を行っていると、仲間外れにされたと思い込んだ松は家出を決意する。おなかを空かせて街をさまよっていると、松はお茶のポスターを見つける。そこには、イケおじ好きの剛の妹・吟子(原菜乃華)が大ファンでもある津田健次郎の顔があった。

立ち止まった松の目の前に、なんとリアルな津田が歩いてくる。松が「あれ!?ポスターの人だ」とつぶやくと、津田は「今、“ポスターの人だ”って思ったろ」と語りかける。松は「えっ、なんで分かるの?」と焦り始めると、津田はすかさず「今、“なんで分かるの?”って思ったろ」と答える。「こわ!」とビビる松に、津田は「はやく家帰れよ、皆心配してるぞ」と優しく語りかけ去って行く。

この記事の画像

「声優・津田健次郎、難破家の愛犬・松と初共演で「いい子でしたねー!」ドラマ「ナンバMG5」特別編」の画像1 「声優・津田健次郎、難破家の愛犬・松と初共演で「いい子でしたねー!」ドラマ「ナンバMG5」特別編」の画像2 「声優・津田健次郎、難破家の愛犬・松と初共演で「いい子でしたねー!」ドラマ「ナンバMG5」特別編」の画像3