7月6日に埼玉県和光市で行われた、レスリング世界選手権(9月・カザフスタン)の女子57キロ級代表を決めるプレーオフは、リオ五輪63キロ級金メダリスト川井梨紗子(24/ジャパンビバレッジ)が、前人未到の五輪5連覇を目指す伊調馨(35/ALSOK)を倒し、連覇を目指す世界選手権の出場を決めた。今後、川井がカザフスタンでメダルを取れなかった場合には、伊調にも五輪出場の可能性はわずかに残るが、「絶対女王」の五輪自力出場は消えた。

 大接戦だった「世紀の一戦」で伊調のセコンドを務めた田南部力コーチが、審判に対して暴言を吐いたとみなされ退場させられた。事態を重視した日本レスリング協会は近く処分を決定するが、田南部サイドは反論しており、後味の悪い「場外乱闘」が残った。

試合結果は覆らず

 問題の場面は第2ピリオド。伊調が寝技の攻防で有利な体勢になって川井を攻め続けていたが、審判に止められて両者立ち姿勢からのスタンドでの再開が命じられた。これに田南部コーチが激高し、まず審判からイエローカードが示された。さらに1-1からの残り1分、伊調が素早く川井の右足を取る。ピンチの川井はもつれながらも伊調の腰に左足をかけて相手の体を制し、横向けの伊調の左腕も完全に決め伊調の体を起こした。川井に2つの2ポイントが認められ、危機を脱した伊調はすかさずバックを取り1点返す。

 掲示板表示が5-2になったが、伊調サイドがチャレンジ(ビデオ判定を求めること)を要求。この時、再び激しく抗議した田南部氏はレッドカードを受けて即刻退場となった。マットに上がり審判に暴言を吐いたとされたのだ。