宮迫“みそぎがんばってます!”アピールに非難殺到…謹慎芸人はユーチューバーを目指すべき

 吉本興業を根幹から揺るがす事態にまで発展した闇営業問題に、やっと希望の光が見え始めた。8月8日、吉本興業は所属タレント約6000人と「共同確認書」を交わすことを発表。翌9日には、詐欺グループのパーティーに参加した件で謹慎処分となっていたレイザーラモンHGやガリットチュウ福島善成ら計11人に対し、「8月19日から謹慎処分を説き、劇場にて仕事へ復帰することと致しました」との声明を出した。これを受け、謹慎が解ける11人のうちの一部は16日、関西で“謝罪行脚”することなども報じられた。

 吉本興業の今回の対応について、ある週刊誌の記者は次のように語る。

「共同確認書を交わした程度で吉本興業が変わらないのはいわずもがな。とはいえ、今回の闇営業騒動の象徴たる“謹慎芸人”の復帰を決めたことは、この問題解決の突破口になる可能性はあります。

 そもそも彼らは“反社が主催のパーティー”とは知らなかったということですし、金銭の授受についても先輩の宮迫(博之)さんによって箝口令を敷かれ真実を語れなかったというわけですから、情状酌量の余地は大いにありました。ダウンタウンの松本(人志)さんも『若い子は早く復帰させてほしい』と呼びかけていたように、謝罪会見を強行した宮迫さんやロンドンブーツ1号2号田村亮さんとは処分内容が違って当然。なのにここまで復帰を先延ばしにしてしまったのは、吉本内でゴタゴタが一向に収まってないから。今回謹慎が解除された11人の中には、芸能活動もできなければバイトすらできない状況に追い込まれていた人もいたわけですから、世間から同情の声が上がるのも当然。今回の謹慎解除は“遅すぎた決断”ともいえるでしょうね」


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「コロコロチキチキペッパーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「コロコロチキチキペッパーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイザーラモンRG」のニュース

次に読みたい関連記事「レイザーラモンRG」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サカイスト」のニュース

次に読みたい関連記事「サカイスト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら