安倍政権、沖縄カジノ誘致構想、辺野古移転とセット…ハウステンボス、海上カジノ撤回

 カジノを含む統合型リゾート(IR)整備について国土交通省が行った誘致の意向調査で、東京都大阪府・市など全国8地域が、誘致予定・検討中と回答した。ここから最大3カ所が選ばれる。

【カジノ誘致を検討している地域】

北海道(苫小牧)

・千葉市(幕張新都心)

・東京都(お台場)

・横浜市(横浜・山下ふ頭)

・名古屋市(名古屋港周辺)

・大阪府・市(夢洲)

和歌山県(マリーナシティ)

長崎県(ハウステンボス)

 候補地が正式決定するのは2020年頃とみられる。

 首都圏の誘致レースを見てみよう。2019年8月、横浜市は「山下ふ頭」を候補地として、2020年代後半にIR開業を目指すと宣言した。横浜の有力者で“ハマのドン”こと、横浜港運協会会長・藤木幸夫氏は、山下ふ頭へのカジノ誘致に反対。横浜港ハーバーリゾート協会を設立し、カジノ抜きでの山下ふ頭再開発計画案を提示している。「影の横浜市長」と呼ばれるのが、カジノ推進派として知られる菅義偉官房長官。菅氏が乗り出して、カジノ推進の横浜市とカジノ反対の藤木氏の折り合いをつけるかが今後のカギを握る。

 カジノ大手の米ラスベガス・サンズは大阪での事業参入を見送り、東京・横浜での参入を目指すとの方針を表明。続いて香港のメルコリゾーツ&エンターテインメントも横浜市でIRに参入する意向を示した。ラスベガス・サンズのジョージ・タナシェヴィッチCEOは10月24日、大阪市で開かれた見本市で記者団に「横浜が当社にとって魅力的な大都市だ」と述べた。国際会議や展示会などを含め、投資額100億ドル(約1兆800億円)規模のIR施設を検討するという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 国土交通省 ハザードマップ
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年11月7日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「国土交通省 + ハザードマップ」のおすすめ記事

「国土交通省 + ハザードマップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュース

次に読みたい関連記事「国土交通省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。